大変身した私鉄車両 近江鉄道220形 プラモデルのように元西武の電車を改造

大変身した私鉄車両 近江鉄道220形 プラモデルのように元西武の電車を改造

近江鉄道220形電車。様々な部品を組み合わせて製造された(伊原 薫撮影)。

鉄道車両のなかには、当初の役割を終えたのち大改造され、見違えるほど“変身”したものがあります。そのひとつが、西武鉄道から譲渡された車両を改造した近江鉄道220形。まるでプラモデルのように組み立てられました。

元・西武鉄道の車両が走る滋賀の近江鉄道

 全国各地を走る私鉄の車両のうち、改造で大きく姿を変えたものを紹介します。

 滋賀県東部を走る近江鉄道は、1943(昭和18)年に西武グループの一員となりました。以来、同社の車両は西武鉄道から譲り受けたものが多く、現在主力の800系電車も元・西武401系電車です。ただし、走行機器の一部が近江鉄道の仕様に変更されているほか、前面が新しいデザインに作り替えられており、西武時代から印象は大きく変わっています。

 こうした改造はすべて、近江鉄道の彦根工場で行われました。同工場では、他社から購入した車両を自社で使いやすいように改造したり、ときにはいくつかの車両から部品を流用して新たな車両を造ったりしたこともあり、その技術力の高さは鉄道ファンのあいだでよく知られています。

まるでプラモデルのような改造で生まれた近江鉄道220型電車

 近江鉄道の220形電車も、そんな同工場の“作品”のひとつ。1991(平成3)年から6年かけて、毎年1両が作られました。この車両のすごいところは、その製造方法です。古くなった車両の土台にあたる「台枠」に、自社で廃車にした別の車両の走行機器や、西武で廃車された車両の側板を取り付け、新しく造った前面部分と”合体”させました。

 一方で、台車やブレーキ装置はこれまで同社になかった新型を採用したほか、車体が短いため設置が難しかったクーラーも、特殊な方法を採用することで搭載を可能にしました。このように、まるでプラモデルのような手法を取ることで、より利用しやすく、またメンテナンスしやすい車両を導入できたのです。

 220形は運転台が両端にあり、1両でも運転が可能なことから重宝されましたが、老朽化により2015(平成27)年には旅客を乗せての運転を終了し、現在は1両を残してすべて廃車されました。

関連記事(外部サイト)