新型コロナ影響 海外で「航跡でメッセージを描く」がトレンド化? 3月後半で4件発生

新型コロナ影響 海外で「航跡でメッセージを描く」がトレンド化? 3月後半で4件発生

オーストラリアの個人所有機が描いた飛行ルート(画像:Flightlador24)。

新型コロナウィルスの影響をうけ、ヨーロッパを中心に個人所有機などのパイロットが、自機の飛行ルートでこれにまつわるメッセージやイラストを次々と描き出しました。スケールの大きな「空の上の落書き」を見ていきます。

3月後半に4件発生の「飛行ルート」でのメッセージ

 新型コロナウィルスの感染拡大により、世界中の政局が混迷しています。そのようななか、航空機追跡サイト「フライトレーダー24」によると、おもにヨーロッパにおいて航空機の航跡を用い、これにまつわるメッセージやイラストを描く行為が、3月後半に少なくとも4件、相次いでいます。

 この行為が最初に見られたのは、オーストリアです。同国の個人所有機が現地時間3月17日、高度1000フィート(約304m)から3000フィート(約914m)上空でおよそ24分かけ、飛行ルートで「家に留まれ」を意味する「STAY HOME」の文字を描いています。同国では当時、感染者が大きく増えており、このフライトが行われた17日には、国内の飲食店の営業を禁止しているほか、国民に外出を制限するなどの措置が講じられていました。

 これに次いで、東ヨーロッパのモルドバ共和国にて現地時間3月19日、個人所有機が、約4000フィート(約1219m)から4500フィート(約1371m)の上空で約1時間にわたり、同国の公用語ルーマニア語で「家に留まれ」を意味する「STAI A CASA」の文字を描いています。モルドバでは、3月17日より非常事態を宣言しており、教育機関、ショッピングセンターなどの一部店舗が閉鎖されています。

空に描かれたメッセージは「イラスト」もあった

 チェコでは現地時間3月25日、国が保有する15席クラス双発ターボプロップ機、ビーチクラフト キングエアB300型機が、オストラヴァ空港に着陸するさなか、約4700フィート(約1432m)から降下しつつ、換気扇のような航跡を描きました。なお、チェコでは3月12日から非常事態宣言が出され、渡航や店舗の営業を制限しています。

 チェコとほぼ同時期の3月11日に非常事態を宣言したハンガリーでは、現地時間3月27日、個人所有機が飛行ルートで「プラス」と「グッドサイン」を、およそ3000フィート上空に約2時間かけ描いています。この「プラス」は病院のマーク、「グッドサイン」は「よくやった」といった意味で、先出の「フライトレーダー24」は、新型コロナウィルスに対処する医療関係者の貢献を称えるものとしています。

 なお「フライトレーダー24」によると、2020年4月に入っても、このような飛行ルートでメッセージを描く行為は見られるそうで、ポーランドで現地時間4月4日(土)、個人所有機が同国の母国語で「家に留まれ」のメッセージを描いたとのことです。

関連記事(外部サイト)