前脚が左にずれた異形の旅客機 ホーカー・シドレー「トライデント」 なぜこうなった

前脚が左にずれた異形の旅客機 ホーカー・シドレー「トライデント」 なぜこうなった

ホーカー・シドレー「トライデント」2E型(画像:Hugh Llewelyn[CC BY-SA〈https://bit.ly/2Vh1bOa〉])。

現行の旅客機は、前脚が胴体の中心に備わっているのが一般的です。ところがかつて前脚が左側にずれたユニークな形の旅客機、ホーカー・シドレー「トライデント」がありました。なぜこのような形を採用したのでしょうか。

飛んでいる姿はB727、Tu-154と似ているものの

 2020年4月現在、航空会社で運航されている旅客機は、機首側についた車輪、前脚が胴体の中心に備わっているのが一般的です。ところがかつて、その概念を覆すような異形ともいえるモデルがありました。ホーカー・シドレー(現BAEシステムズ)のHS121型「トライデント」旅客機です。

「トライデント」シリーズは、3発のジェットエンジンとT字尾翼を備えた旅客機で、1962(昭和37)年に初飛行しました。上空で車輪を格納したときの見た目は、ボーイングの727型機や、旧ソ連のツポレフ設計局(当時)によるTu-154型機と多くの類似点が見られます。

 しかしその車輪を露出したとき、「トライデント」にしか見られない大きな特徴が現れます。このモデルの前脚は、胴体中心より左に約60cmずれてついているのです。前脚をしまうとき、多くの現行旅客機は、前、もしくは後ろに引き込まれるのに対し、この「トライデント」は横方向に引き込まれます。

 このようなユニークな形が採用されたのには、「トライデント」の大きな強みにも関係する理由があるそうです。

実は高スペックな「トライデント」 前脚の配置もこれが関係

 ホーカー・シドレーの「トライデント」シリーズは、当時としては画期的な操縦機能を有していました。特に、現行の旅客機の多くで一般的となっている自動着陸(オートランディング)装置は、他社の旅客機より先んじて導入されたもののひとつです。

 当時、こういった先進的な機能を持つ電装部品を収めるには、大きなスペースが必要で、かつ操縦室近くの機首部分に置く必要がありました。そのスペースを確保するためには、前脚を片方に寄せ、横方向に引き込む形式が好都合とのことで、これが、「トライデント」のユニークなデザインが採用された最も大きな理由といわれています。

 前脚こそ一風変わっているものの高スペックだった「トライデント」シリーズですが、シリーズ累計の製造機数は117機で、そう多くはありません。これは、製造数累計1200機以上のボーイング727型機や、同1000機以上のツポレフTu-154型機などがあまりに市場を席捲したため、といわれています。

「トライデント」シリーズは、日本の航空会社での採用はなく、イギリスのBEA(英国欧州航空)や中国民航など数社が採用したのみです。ホーカー・シドレーの後進会社BAEシステムズによると、「トライデント」は、イギリスでは1986(昭和61)年1月に導入された騒音規制の影響をうけ退役、中国でも1990年代初頭まで運用されたものの、その役割を終え、現在は全機が退役しています。

関連記事(外部サイト)