【マンガ】新潟に帰るつもりが目覚めたら北海道! 800km以上の乗り間違え その結末は

【マンガ】新潟に帰るつもりが目覚めたら北海道! 800km以上の乗り間違え その結末は

東京から新潟へ新幹線で帰るはずが、気付いたら北海道に……(画像:すみれめ論〈@thmilemelon〉)。

東京で夜通し遊び、早朝、その足で新潟へ帰ろうとした作者は、東京駅から新幹線に乗って席に座った瞬間、眠りに落ちてしまいます。しかし数時間後、列車が着いたのは新潟駅ではなく、遠く離れた北海道の新函館北斗駅でした。

早朝の東京駅 徹夜+酒酔いで新幹線に乗った結果…

 東京でライブを満喫し、さらにファン同士の打ち上げで朝まで飲み明かした作者は、その足で東京から新潟へ帰ろうとします。駅のホームに向かうと新幹線が停車中。そのまま乗り込むと、作者は眠気と酔いでたちまち眠ってしまいました。

 そして数時間後、列車がそろそろ終点に着こうという頃、作者は車内放送で目を覚まします。「そろそろ新潟か」と思っていたら、耳に入って来た駅名は「新函館北斗」でした。

 新潟に帰ろうとしたら間違えて北海道に来てしまったという、スケールの大きい乗り間違えの顛末(てんまつ)をマンガにしてTwitterに投稿したのは、pixivやTwitter、同人誌などでマンガを発表しているすみれめ論(@thmilemelon)さんです。ちなみに作者が着いてしまった新函館北斗駅は、東京駅から東北・北海道新幹線で約820km、新潟駅から直線距離でも450km以上離れています。

 乗り間違えの“事件”が起きたのは2020年2月上旬のことでした。すみれめ論さんによると「朝帰り」自体は当初から予定していたとのこと。関東に遊びに行く機会が少ないため、東京でのライブ後は友人と夜通したっぷり遊んで、朝に帰ることにしていました。

 しかし、行き着いた先は新潟ではなく北海道。酔いもすっかりさめ、駅係員に経緯を説明した結果、無賃送還の扱いを受けながらも、新潟に無事帰り着くことができました。

 人生で初めての北海道が、誤乗で着いた新函館北斗駅だったというすみれめ論さん。今度改めて北海道に行くならば、「今、アニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』にハマっているので、同作の舞台である函館で“聖地巡礼”したい」そうです。

関連記事(外部サイト)