埼京線と湘南新宿ライン 今週末は一部区間運休 渋谷駅工事でJR駅ホームの横並びが実現

埼京線と湘南新宿ライン 今週末は一部区間運休 渋谷駅工事でJR駅ホームの横並びが実現

2020年5月30日〜31日は、JR埼京線と湘南新宿ラインの新宿〜大崎間が運休する(画像:JR東日本)。

山手線は通常ダイヤでの運行です。

 2020年5月30日(土)から31日(日)にかけて、JR埼京線と湘南新宿ラインの新宿〜大崎間が、渋谷駅(東京都渋谷区)の線路工事に伴い運休します。2日間の各路線の運転計画は次のとおり。

・埼京線:りんかい線や相鉄線との直通運転を中止し、新宿で折り返し運転。
・湘南新宿ライン:新宿や大崎で折り返し運転。東海道線直通の列車は全区間運休。
・りんかい線・相鉄線:埼京線との直通運転を中心し、大崎で折り返し運転。
・特急「成田エクスプレス」:新型コロナウイルス感染拡大の影響で減便中。運行を継続している列車も、工事日は高尾・大宮・池袋・新宿〜品川・東京間で運休。大船・横浜〜品川・東京〜成田空港間は運転。
・特急「踊り子」「サフィール踊り子」:新宿・池袋発着の列車は東京発着に変更。武蔵小杉は停車せず。一部は新型コロナウイルス感染拡大の影響により運休。

 運休区間で並走する山手線は通常ダイヤでの運転です。当初予定されていた一部時間帯の増発や時刻変更は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による利用状況を踏まえ、中止されます。

 今回の工事自体は29日(金)22時ごろから6月1日(月)4時ごろまでおよそ54時間にわたり実施される予定です。2018年に行われた埼京線上り線路の切り替えに続き、今回は下り線路が切り換わります。これが完了すると埼京線ホームが北へ約350m移設されて山手線ホームに並び、南改札やハチ公改札と直結。山手線や他社線との乗り換えの利便性が向上します。

関連記事(外部サイト)