どう見ても米海軍機なのに空軍所属で運用はCIA 絵に描いたようなスパイ機RB-69Aの正体

どう見ても米海軍機なのに空軍所属で運用はCIA 絵に描いたようなスパイ機RB-69Aの正体

RB-69A電子偵察機。CIAの機体ながら、名目上アメリカ空軍所属のため、資料用に撮られた数少ない公開用写真の1枚(画像:アメリカ空軍)。

冷戦時代、アメリカの情報機関CIAは、旧ソ連などの情報を収集しようと様々な航空機を独自に運用していました。比較的知られているのは、全身真っ黒の偵察機などですが、一方で自国軍機に擬態した機体もありました。

国籍マークと所属をはっきり描いたスパイ機

 アメリカのCIA(中央情報局)は、世界屈指の情報機関として知られています。CIAは、アメリカ大統領直属の組織として予算や権限が与えられており、過去にはアメリカ空軍機に擬態した航空機まで飛ばして情報収集を行っていました。そのひとつがRB-69A電子偵察機です。

 1947(昭和22)年に設立されたCIAは、人間によるスパイ活動以外にも、暗号通信の傍受や解読、電波の発進位置特定など様々な活動を独自に行っており、そのなかには航空機を用いた写真偵察や電波情報の収集なども含まれていました。

 そうした任務はもちろん、相手国を刺激する危険なものです。そのため諜報活動中に万が一、相手国に捕捉されても、一見するとCIAの所属だとわからないようにする必要がありました。

 そこでとられた方法が、機体を黒一色にして国籍マークなどを目立たなくする、もしくは一切書かないというものや、アメリカ海軍機や空軍機に擬態するというものなどです。RB-69A電子偵察機は後者の、自軍機への擬態をし、相手国の領空スレスレを飛行していました。

ベースは海上自衛隊も使用したベストセラー機

 RB-69Aを開発するにあたりベース機となったのは、アメリカ海軍の大型哨戒機P2V-7「ネプチューン」でした。

 同機は、双発エンジンの大型機のため、機内容積に余裕があり、なおかつ各種の潜水艦探知装置を稼働させるために高い発電能力も有していたことから、各種の情報収集機器に電源を供給するのにマッチしていました。また哨戒機の特徴として、長時間の洋上飛行を行うために滞空時間も長いという点が挙げられますが、これもRB-69Aの用途にかなうものです。

 CIAはアメリカ海軍から、中古のP2V-7対潜哨戒機を7機、譲り受けます。引き渡しにあたって、アメリカ海軍はわざわざ専用の「P2V-7U」という型式まで設けました。末尾の「U」はユーティリティ、すなわち多用途という意味です。

 CIA専用型式のついたP2V-7Uは、他国を欺くために所属はアメリカ空軍とされました。そのため、アメリカ空軍機として改めて「RB-69A」という型式が与えられます。ちなみに「RB」とは爆撃機ベースの偵察機を示す型式です。こうして世にも珍しい、一見するとアメリカ海軍機風のアメリカ空軍機、運用はCIAという機体ができあがりました。

 当初CIAは、RB-69Aの装備として電波情報収集用の電子機器を考えていましたが、運用するにあたり欲が出たのか、偵察カメラや目標照射用のサーチライト、さらに隠密行動することをにらんで最新鋭の地形回避レーダーまで盛り込みました。

 加えて爆弾倉から宣伝ビラを撒けるようにしたほか、一説によると情報部員を空から隠密降下させられるようにもしていたそうです。

CIAのスパイ機 最後は台湾空軍機として運用

 こうして誕生したRB-69Aは、1950年代後半に運用が開始されます。当初は西ドイツと台湾(中華民国)の双方のアメリカ軍基地で運用されましたが、のちに7機すべて台湾に集約され、中国だけでなく北朝鮮方面にも向かうようになりました。

 1959(昭和34)年には、全機が中華民国空軍、いわゆる台湾空軍に移管されます。さらに、自衛用に哨戒機としては不釣り合いな空対空ミサイルまで装備するようになりました。

 やがて台湾空軍のRB-69Aは、運用のなかで4機が撃墜され、1機が朝鮮半島への飛行中に事故で墜落します。こうして3分の2以上の損失を出したことで、1964(昭和39)年にその危険な偵察任務は終わりを告げられました。

 21世紀現在、このような危険な任務はUAV(無人航空機)や偵察衛星などが肩代わりするようになっていますが、もしかすると知らないところでRB-69Aのように外見を欺瞞した偵察機が、いまだに人目を忍んで飛んでいるかもしれません。

関連記事(外部サイト)