0番線はなぜ誕生? 始まりが1にならなかった各駅の事情 「れい」と読んでPRする駅も

0番線はなぜ誕生? 始まりが1にならなかった各駅の事情 「れい」と読んでPRする駅も

綾瀬駅の北綾瀬行きホームを示す0番線の看板。1番線の先端に追設したため0番線を名乗る(2006年5月、児山 計撮影)。

駅ホームの番号は通常、1番線から順番に振られていきますが、駅によっては「0番線」が存在するケースがあります。どのような事情で生まれたのでしょうか。0番線がある駅について、ホーム設置の経緯を見てみます。

駅本屋に近い側から1番線… 手前にホームを増やすときは?

 駅で時々「0番線」や「0番のりば」といったホームを目にします。「0」だから列車に乗り降りできない、ということはもちろんありませんが、どのような経緯で誕生したものでしょうか。

 乗り場が複数ある駅では、ホームに1番線、2番線……のように番号が振られています。番号を振る順番は鉄道会社によって異なりますが、国鉄では「駅本屋」という駅業務を行う主要な建物に近いホームを1番線とし、そこから遠ざかるにつれて2番線、3番線……と番号を振っていました。

 この場合、駅本屋のない方向にホームを拡張するときは既存の番線に数字を付け足すだけですが、駅本屋側に線路を拡張するとなると、単純に番線の数を増やすわけにはいきません。

 ひとつの解決法として、駅本屋に近い新ホームを1番線とし、以降のホーム番線をすべて付け直す方法がありますが、これでは既存のホームの番線表示、案内表示などを取り換えなくてはならず、工事が大規模になってしまいます。

 そこで、駅本屋から見て1番線の手前にホームを増設する際に、1より小さい数ということで「0番線」と命名するケースが生まれます。これなら旅客案内の更新は、0番線に関連する部分だけで済みます。

他社への影響を避ける場合も0番線が生まれる

 首都圏では、東京メトロ千代田線 綾瀬駅のケースがそれにあたります。綾瀬駅0番線は北綾瀬行きの折返し電車が発着するホームで、1985(昭和60)年、1番線ホームの先端を切り欠いたところへ新規に作られました。

 綾瀬駅には当時、すでに4番線までホームがあり、さらにホームを付け足すとすれば5番線になりますが、そうなると1番線の隣が5番線となってしまい案内上不適切なため、0番線と命名されました。

 このほか0番線が生まれるケースとしては、複数の鉄道会社がホーム番号を共有している駅でも見られます。

 たとえばJR東日本と京成電鉄が乗り入れる日暮里駅(東京都荒川区)では、ホームが京成電鉄とJRで通し番号になっており、駅本屋に近い京成が1番、2番線、JRのホームは3〜12番線(5〜8番線は欠番)となっていました。

 ところが京成電鉄が日暮里駅の改良工事を行い、スカイライナーの乗車ホームを増設した結果、ホームがひとつ増えることになりました。この際、1番線から付番し直すとJRの番線も変更することになるので、影響が他社に波及しないよう京成線の上野方面を0番線としました。なお、同じく日暮里駅に乗り入れる日暮里舎人ライナーは、JRや京成とやや駅の位置が離れているためか、独立して1番線、2番線を付番しています。

 このように他社に影響を及ぼさずに番線を追加する場合、私鉄や第三セクター鉄道のホームが0番線となるケースが見られます。

かつて本屋側に2線以上増えた大阪駅 「マイナス1番線」とも

 このほか、変わった0番線の活用例としては、米子駅(鳥取県米子市)のJR境線ホームが挙げられます。米子駅の場合も1番線の本屋側にホームを増設したことで0番線が生まれたのですが、境線の終点となる境港は妖怪漫画で有名な水木しげる氏の出身地。これをアピールするため、「0(れい)」と「霊」をかけて「霊番線」「霊番のりば」とも呼称して、観光客にアピールしています。

 ところで、これまではホームが本屋側に1線増えたケースを紹介しましたが、2線以上増えた場合はどうなるのでしょう。

 過去の例としては、大阪駅に大阪環状線ホームを新設する際、すでに0番線まで拡張されていたにもかかわらず、さらに本屋側にもう1線追加したことがあります。

 工事中の資料などによると、このときは「マイナス1番線」と呼ばれたこともあったそうですが、さすがにマイナスを使うのは旅客案内上好ましくないことから、大阪環状線ホーム完成後はそれぞれ「環状1番線」「環状2番線」と命名することで、東海道本線の1番線や2番線と区別していました。

 なお、大阪駅はその後、大規模な駅改良工事を行って発着番線を整理した結果、大阪環状線ホームは「環状」がとれた1、2番線(のりば)となり、独特な付番方法は解消されています。

関連記事(外部サイト)