東京メトロ「地下鉄トンネルのフタ」新たに設置 目的は トンネルには水害広げるおそれ

東京メトロ「地下鉄トンネルのフタ」新たに設置 目的は トンネルには水害広げるおそれ

閉鎖動作中の千代田線「北千住坑口防水ゲート」(画像:東京メトロ)。

地下鉄トンネルが導水管になり、都心部で水害が広がるおそれもあるなか、東京メトロ千代田線の北千住駅付近に、その対策になる設備が完成。地下鉄が持つ「浸水の懸念」に、東京メトロはどのような対策を行っているのでしょうか。

地下鉄のトンネルが導水管になり 洪水が広がるおそれ

 特に土地が低い東部において、大雨による増水などでの河川決壊、洪水の不安がある東京。河川の大規模氾濫で水が地下鉄トンネルを経由し都心部へ流れ、その駅出入口などから噴出するおそれもあります。地下鉄の設備へ与える影響も甚大です。

 例年、梅雨やゲリラ豪雨、台風の季節に起きうるこうした懸念。その対策のひとつが2020年の梅雨を前に、東京メトロ千代田線の北千住駅(東京都足立区)付近に完成しました。

 千代田線の北千住駅は地下にありますが、その付近で線路は地上に出て、荒川を鉄橋で渡ります。つまり荒川のすぐ脇に、千代田線の地下トンネル出入口がある形です。

 荒川の堤防が決壊した場合、そこは5m程度の浸水も想定されている場所。万一の際、この地下鉄トンネル入口が“都心部への導水管入口”になるおそれもゼロではありません。

 そうした場所に完成したもので、名称は「北千住坑口防水ゲート」。浸水が危惧される際、強固なゲートで千代田線のトンネル出入口にフタをします。

地下鉄の線路に「フタ」をする方法とは? 架線はどうなる?

 東京メトロの北千住坑口防水ゲートは、千代田線の代々木上原方面行き線路(A線)と、綾瀬方面行き線路(B線)、それぞれの上から“フタ”となるゲートを降ろす仕組み。閉鎖の操作は東京メトロの総合指令所から遠隔で可能で、そこでボタンを押してから23分で閉じられるそうです。

 ちなみにゲートの構造は、3枚の“小さな板”を展開し、1枚の“大きな板”をつくり出すもの。こうすることで、収納スペースを減らすことができます。ちなみに“小さな板”は、重量が1枚3トンとのこと。

 東京メトロによると、全ての地下鉄トンネル出入口にこうした防水ゲートがあるわけではないものの、「想定される浸水高さ」に応じて対策が必要なトンネル坑口を洗い出し、順次設置を進めているといいます(今後、銀座線〈上野通路線〉、日比谷線〈三ノ輪坑口〉、半蔵門線〈押上坑口〉で2027年度までに設置予定)。

 また、川の下をトンネルで通過する区間で、もし川の底が崩壊しトンネルに浸水してもその被害を抑えられるよう、トンネル内に防水ゲートを設置している場所もあるそうです。

 このほか東京メトロでは、止水板や防水扉を駅出入口へ設置する、浸水防止器を歩道などにある換気口へ設置するといった線路や駅への浸水対策を行っており、2020年度は自然災害対策として計65億円の設備投資を予定しているといいます。

 ところで、ゲートを上から降ろして“線路にフタ”をするとなると、気になるのが線路上空にあり、列車へ電気を供給している架線。どうするのかというと、北千住坑口防水ゲート付近では架線に電線ではなくレールのような棒状の「剛体架線」を使っていて、その“棒”が下側に折れ曲がる仕組みにより、ゲートが問題なく降りるようになっているそうです。

関連記事(外部サイト)