バスは「密閉」ない? 路線バス2分30秒で換気完了 車種別に換気実験 三菱ふそう

バスは「密閉」ない? 路線バス2分30秒で換気完了 車種別に換気実験 三菱ふそう

三菱ふそうの大型路線バス「エアロスター」(画像:三菱ふそう)。

走行中はさらに早く換気されます。

 三菱ふそうトラック・バスは2020年6月23日(火)、「新しい生活様式に対応した換気システムの実験映像」と題し、同社製の大型観光バス、マイクロバス、路線バスにおける換気実験の映像を公開しました。

 それぞれの車内でスモークを焚いたうえで、エアコンを作動させ、停車中および走行中(40km/h)において、どれくらいの時間で車内の空気が入れ替わるかを実験したものです。

 大型観光バスの場合、換気完了までにかかった時間は、停止状態で4分30秒、走行状態では3分30秒だったといいます。マイクロバスの場合、換気扇をOFFにした停止状態で5分、走行状態では3分で換気が完了。さらに、大型路線バスの走行中の実験では、乗降時のドア開閉時の換気を含めると、2分30秒で室内の換気が完了したとのことです。

 なお、同社では観光バス、高速バスの運行において、バス車内の「密閉」を防止すべく、「外気導入固定運転」を推奨しています。

 今回の実験は、大型観光バスおよびマイクロバスにおいては外気導入モードで実施されましたが、路線バス車両については、もともとエアコンに外気導入モードはないそうです。乗降時のドア開閉でも換気されるほか、一部の窓を開けることで、さらなる換気性能のアップが見込まれるとしています。

【動画】換気性能の実験映像 路線バスからマイクロ、大型観光バスまで

関連記事(外部サイト)