ウイルスに負けずに旅をしたい 三陸鉄道×中井精也さん 貸切列車ツアーを開催

ウイルスに負けずに旅をしたい 三陸鉄道×中井精也さん 貸切列車ツアーを開催

「三陸鉄道貸切の旅」パンフレット(画像:三陸鉄道)。

貸切列車の旅を2回も楽しめます!

 三陸鉄道で2020年8月、「鉄道写真家・中井精也と行く 撮りごろ食べごろ鉄グルメ満喫ツアー 三陸鉄道貸切の旅 2泊3日」が実施されます。

 鉄道写真家の中井精也さんが同行し、撮影指導のほか、三陸鉄道の魅力や震災後の東北について語るほか、三陸鉄道を貸切列車で「乗り鉄」。食事も、三陸の旬の素材を使ったものを提供するそうです。

 貸切列車は、ツアー1日目に島越〜久慈間で36-200形ディーゼルカーに、3日目に宮古〜鵜住居間でお座敷列車に乗車。定員の半分程度の人数で1両を丸々利用し、車内では三陸鉄道の社員がガイドを務めるといいます。

 新型コロナウイルスの影響で新しい生活様式が求められているなか、このツアーも定員を通常の半分ほどにするなどの対策を実施しており、中井精也さんは次のように話しています。

「新型コロナウイルスとの戦いが長期にわたっているいま、将来への不安などに蝕まれつつある心を健康にし、さらに停滞していた経済活動を動かすことは、ウイルス感染対策と同じように急務であると考えています。いろいろな意見があるとは承知していますが、それでも僕たちはウイルスに負けずに旅をしたい。ご賛同いただける旅人を募集します」(鉄道写真家 中井精也さん)

 日程は2020年8月21日(金)から23日(日)、盛岡駅集合・解散。シングルルーム利用で、料金は大人1名9万8000円(税込)です。

関連記事(外部サイト)