炎天下の空港で働くANA機「地上支援スタッフ」 新型コロナ禍の2020年版健康管理とは

炎天下の空港で働くANA機「地上支援スタッフ」 新型コロナ禍の2020年版健康管理とは

ANAが公開した「グランドハンドリングスタッフ熱中症対策」の様子(2020年7月2日、乗りものニュース編集部撮影)。

新型コロナの影響が及ぶ最初の夏、飛行機の地上支援スタッフは「マスクありでは暑すぎる」環境で作業することになります。ANAは新型コロナ対策と暑さ対策を両立させた働き方をスタート。どのような取り組みがされているのか取材しました。

他人との距離が保てる場合は「マスクなし」

 ANA(全日空)が2020年7月2日(木)、飛行機の地上支援「グランドハンドリング」で働くスタッフの熱中症対策の様子を報道陣に公開しました。新型コロナウイルスの影響で、マスクの着用が必須となりつつあるなか初めての夏を迎え、感染予防策だけでなく熱中症対策を講じる必要もあります。

 特に飛行機のそばで貨物の積み降ろしや駐機をサポートするグランドハンドリングスタッフにとって、暑さは大敵です。屋外でコンクリートの照り返しも強いことから、晴れた日の作業現場の体感温度は一層高くなります。

 そのような環境下で、状況によるものの、少なくとも30分、最長で2時間近く機側で作業することもあるといいます。加えて、新型コロナの影響で取り扱う貨物量も増加傾向でもあるとも。そのため、熱がこもるマスクをつけて作業した場合、別の危険性が生じる可能性があります。

 7月以降ANAグループは、グランドハンドリングスタッフが屋外で作業するとき、ほかの人と2m以上の距離を保てる場合には、マスクをつけずとも作業できるようにしています。もちろん打ち合わせなど、距離が近いときなどには着用を必須としています。

服、ドリンク、かき氷! ANAグラハンの「熱中症対策」を聞く

 炎天下で作業する際は、水分補給にも気を配っています。これまで羽田空港のANA機グランドハンドリングを受け持つANAエアポートサービスでは、塩飴やクーラーボックスに入れたドリンクをスタッフに配布するほか、かき氷や吸うタイプのアイスを事務所内に設置するなど、熱中症対策を講じてきました。

 ANAエアポートサービスで熱中症対策を担当するランプサービス部業務課の松井晋吾マネージャーによると、2020年も引き続き、塩飴やドリンク配布を続けるほか、接触回避のためかき氷などの代わりに、凍らせた一口ゼリーをクーラーボックスに入れておくことで、暑さ対策を行うとのことです。

 また、制服についてもデザインはほぼ同様であるものの、素材に、通気性が良く放熱量が多いことから湿気や涼しさを感じやすいという東レの「シャミラン」を使った新制服を順次導入。松井マネージャーは「これまでより通気性が良く、汗をかいてもサラサラしており、快適性が高いのがポイントです」と話します。

関連記事(外部サイト)