北海道の鉄道6日間乗り放題で1万2000円! 特急&JRバスOK 周遊パスで観光復興へ

北海道の鉄道6日間乗り放題で1万2000円! 特急&JRバスOK 周遊パスで観光復興へ

特急「北斗」(画像:写真AC)。

北海道に行きたくなる!

 JR北海道は2020年7月10日(金)、北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用した「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」「開業記念ウポポイきっぷ」「はこだて旅するパスポート」を発売すると発表しました。概要は次の通りです。

●HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス
・利用期間:2020年7月23日〜2021年1月31日(8月10日〜19日、12月28日〜1月6日は利用不可)
・発売期間:2020年7月17日〜2021年1月25日(利用開始日の1か月前から前日までの発売)
・価格:1万2000円(子どもの設定なし)
・内容:北海道内の在来線特急列車、普通列車の普通車自由席およびJRバス(一部路線を除く)が乗り降り自由。普通車指定席も4回まで利用可能。パス提示で駅レンタカーが割引になるプランもあり。
・発売箇所:JR北海道のおもな駅の指定席券売機、みどりの窓口、旅行センター

●開業記念ウポポイきっぷ
・利用期間:2020年7月23日〜8月30日(「ウポポイ」の閉園日は利用不可)
・発売期間:利用期間と同じ
・価格:おとな3800円(きっぷを所持する利用者に同行する小中学生は500円、4名まで)
・内容:白老町の「ウポポイ(民族共生象徴空間)」の入場券または事前予約を確認できるものを提示した人が利用可能。札幌〜白老間を特急(普通車自由席)で往復できるきっぷ。料金別途で指定席も利用可。
・発売箇所:JR北海道のおもな駅の指定席券売機、みどりの窓口、旅行センター

●はこだて旅するパスポート
・利用期間:2020年7月23日〜8月31日
・発売期間:2020年7月23日〜8月31日(2日間用は30日まで)
・価格:1日間用1350円、2日間用1830円(子どもはそれぞれ670円、910円)
・内容:函館本線の森〜函館間(渡島砂原経由を含む)、函館市電全線、道南いさりび鉄道全線、および函館バスの一部路線が期間中乗り放題。特急などは別途、特急券などを購入すれば利用可。
・備考:函館バスの対象路線は、函館市/北斗市/七飯町/鹿部町内の全線、砂原線(森駅前〜砂原東3丁目)、濁川線、函館〜知内線(バスセンター〜木古内駅前)、松前号(函館駅〜木古内駅前)。
・発売箇所:函館駅、五稜郭駅、桔梗駅、七飯駅、大沼駅、大沼公園駅、森駅、八雲駅、長万部駅、奥津軽いまべつ駅、木古内駅、新函館北斗駅、ツインクルプラザ函館支店

※ ※ ※

 JR北海道はこれらについて、新型コロナウイルス感染拡大により大きく落ち込んだ北海道の交通需要と観光需要を喚起する取り組み、ならびに「HOKKAIDO LOVE!」プロジェクトの一環としています。

関連記事(外部サイト)