「西武鉄道10000系レッドアロークラシック」プラレールに ちちぶ&小江戸シール付き

「西武鉄道10000系レッドアロークラシック」プラレールに ちちぶ&小江戸シール付き

オリジナルプラレール「西武鉄道10000系レッドアロークラシック」のイメージ(画像:西武鉄道)。

おまけ付き先行販売があります。

 西武鉄道は2020年7月16日(木)、オリジナルプラレール「西武鉄道10000系レッドアロークラシック」を発売すると発表しました。

 実際の10000系電車「レッドアロークラシック」は、初代「レッドアロー」の5000系電車の塗装色を再現した編成です。2011年に運行を開始し、2020年3月まで主に池袋線・西武秩父線で使われていました。現在は新宿線で運行されています。

 今回の製品は、先頭車の前面に貼る列車名シールが2種類(計4枚)付き、池袋線・西武秩父線の「特急 ちちぶ」と新宿線の「特急 小江戸」を自分で選べます。

 価格は2860円(税込)。27日(月)から通信販売サイト「プロスパショップ」で限定1000個(オリジナルショッピングバッグ付き)を先行販売。8日(土)から西武線の駅ナカコンビニ「トモニー」各店(自販機コンビニを除く)で一般発売です。

関連記事(外部サイト)