浜松町バスターミナル営業終了へ 貿易センタービル建て替え 期間中の代替BTなし

浜松町バスターミナル営業終了へ 貿易センタービル建て替え 期間中の代替BTなし

浜松町バスターミナル(乗りものニュース編集部撮影)。

京成バスの浜松町発着便は東京駅発着に変更です。

 東京の高速バスターミナルのひとつ、浜松町バスターミナルが2020年9月30日(水)をもって営業を終了します。

 同バスターミナルはJR浜松町駅、都営地下鉄大門駅に直結する世界貿易センタービル内にあり、京成バスグループ各社や東北急行バス、京浜急行バス、ウィラー・エクスプレスといった各地への高速バスが発着するほか、はとバスなどのツアーバスの拠点ともなっています。今回はビルの解体・建て替え工事のため、バスターミナルが閉鎖されるということです。

 世界貿易センタービルによると、建て替え期間中、代替のバスターミナルは設けられません。このため京成バスでは運行計画を変更し、浜松町を起終点とする高速バスは東京駅発着に変更、浜松町を途中で経由する便については、経由を取りやめ通過するとしています。

 なお、建て替えは周辺の再開発とともに実施され、新たに地上47階建てのビルができる予定。このなかにバスターミナルも新設されるとのことです。

関連記事(外部サイト)