小田急ロマンスカー終着「新竜宮城駅」完成 強力ゆらゆらクラゲ(本物)改札の癒やし

小田急ロマンスカー終着「新竜宮城駅」完成 強力ゆらゆらクラゲ(本物)改札の癒やし

本格的な竜宮城に進化した小田急の片瀬江ノ島駅(2020年7月30日、恵 知仁撮影)。

小田急ロマンスカー終着駅・始発駅のひとつ片瀬江ノ島駅。昭和4年の開業当時からの特徴だった竜宮城風駅舎が、神社仏閣の技法「竜宮造り」を取り入れた「新竜宮城駅」として生まれ変わりました。新江ノ島水族館協力のクラゲもいます。

神社仏閣の技法を取り入れた「新竜宮城駅」

 小田急の特急「ロマンスカー」終着駅・始発駅のひとつで、観光地「江ノ島」の玄関口である片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)。その竜宮城風の新駅舎が2020年7月30日(木)、完成しました。

 すぐ近くに「天女と五頭龍」伝説が残る江ノ島があり、湘南の海が広がる同駅は1929(昭和4)年の開業以来、竜宮城がイメージされた駅舎が特徴で、「関東の駅100選」にも選ばれています。

 小田急電鉄は2018年2月から、その駅舎の改良工事を実施。トイレの全面リニューアルといった機能性の向上と同時に、竜宮城風旧駅舎の雰囲気を踏襲しつつ、神社仏閣の技法である「竜宮造り」を取り入れて今回、「本格的な竜宮城駅」に進化しました。

 駅舎自体は2020年2月から一部で供用が開始されていましたが、きょう7月30日(木)に完成。本日より日没後のライトアップも実施されます。季節などに応じて変化するそうです。

新竜宮城駅はハンパない癒やし力 「改札口出る前に立ち寄ってしまう人」続出か?

 新しい片瀬江ノ島駅の駅舎は、窓に(乙姫様ではなく)天女がいたり、屋根に金のイルカがいたりする「遊び心」が特徴なほか、小田急電鉄の星野晃司社長は「最大の目玉は水槽です。駅の壁面の水槽は大変珍しいもので、訪れた方々の良い思い出になるのでは」と話します。

 駅舎の完成と同じ7月30日(木)、この新しい片瀬江ノ島駅には、近隣の新江ノ島水族館の協力で、クラゲの水槽が改札駅のすぐ脇に設置され、訪問者を出迎えるようになりました。40匹のミズクラゲがゆらゆら漂っており、同館の堀 一久社長は「住民の癒やしにもなれば」と話します。

 なお片瀬江ノ島駅までは、小田急の特急ロマンスカー「えのしま号」で、新宿から約1時間です。

関連記事(外部サイト)