ソラシドエアが業界初導入 利用者&スタッフ一挙両得の新アイテム「Air ウェイト」とは

ソラシドエアが業界初導入 利用者&スタッフ一挙両得の新アイテム「Air ウェイト」とは

「Air ウェイト」の紹介をするソラシドエア東京空港支店のスタッフ(2020年7月30日、乗りものニュース編集部撮影)。

ソラシドエアが羽田空港のチェックインカウンターで、新アイテム「Air ウェイト」の運用を開始します。新型コロナの影響で導入が決まった業界初導入のものといいますが、それ以外にも利用者、スタッフ両方にメリットがありそうです。

羽田空港ではカウンターに30人ほどならぶことも

 九州を拠点にする航空会社、ソラシドエアが2020年7月31日(金)から、羽田空港第2ターミナルの同社チェックインカウンターで、リクルート提供の受付管理アプリ「Air ウェイト」の運用を始めました。航空業界で初導入とのことですが、実際にどういったものなのか取材しました。

 羽田空港のソラシドエアカウンターは、これまで立って列を作り自分の順番を待つというのが一般的でした。多い時には30人ほどが並ぶそうです。今回導入の「Air ウェイト」は、紙台帳や専用端末を使わずにiPadとプリンターで受付管理ができるアプリです。

「Air ウェイト」の月の使用費は2万円程度。利用者は受付時、銀行や役所のようなイメージで、番号券が発行されたあとは自分の番が来るまで待ち時間を自由に過ごせます。自身の待ち状況はカウンター上の電光掲示板だけでなく、券のQRコードをスマートフォンなどで読み込むことで、メールやコミュニケーションアプリ「LINE」でも把握することが可能です。

脱「密」だけじゃない! 期待効果絶大の「Air ウェイト」

 同社によると、「Air ウェイト」導入の主な理由は新型コロナ禍で社会的な課題となった、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保する目的とのこと。

 加えて、これまでのように並んで待つ必要もないため、利用者自身のストレス軽減や時間の有効活用にもつながるとしています。また、地上係員のプレッシャー減にもつながり、よりよいサービス提供に集中できる、受付の順番をコントロールすることで乗り遅れを防ぐなど、利用者とスタッフ双方に多数のメリットが期待されます。

「Air ウェイト」の導入は発案から1か月程度とスピード感を持ちつつも、画面のレイアウト決めやマニュアルの作成は社内で行われています。この企画の中心となった東京空港支店旅客課の担当者は「利用者にとって分かりやすい画面構成を作るのに苦労した」と言います。

「Air ウェイト」は結果として夏休みシーズン、そしてソラシドエアの全便復活となる8月1日(土)とほぼ同時にスタートしましたが、現在のところは羽田空港の同社カウンターに1台配備のみ。今後は状況を見ながら、ほかの空港などにも展開を検討していきたいとしています。

関連記事(外部サイト)