まるでスペースコロニー建設現場 いま大深度地下で進むリニア中央新幹線工事の姿

まるでスペースコロニー建設現場 いま大深度地下で進むリニア中央新幹線工事の姿

地下80mで組み立てられている中央新幹線のシールドマシン(画像:JR東海)。

建設が進められているリニア中央新幹線。巨大な穴の底、首都東京の大深度地下でいま、まるで「スペースコロニー」のようなものが組み立てられています。超電導リニアが500km/hで走るトンネルを、それが掘っていきます。

「スペースコロニー」の円盤が回転して穴を掘る

 建設が進んでいるリニア中央新幹線。その北品川非常口(東京都品川区)の大深度地下で、まるでSFアニメに出てくる「スペースコロニー」のようなものがいま、組み立てられています。

 リニア中央新幹線の始発駅である品川駅から、次の神奈川県駅(仮称)までの全区間を構成する、全長およそ36.9kmもの第一首都圏トンネル。それを掘削する機械「シールドマシン」です。

「スペースコロニー」のような円筒形で、外径およそ14.5m、長さは、スクリューコンベアなどの後部設備を含めると約40m、重量はおよそ3000トンにもなる大きなものです。

 北品川非常口に掘られた、直径30m、深さ80mという大きく深い縦穴の底で“円筒”は組み立てられており、完成後、水平方向に発進。円筒前端にある刃が付いた巨大円盤「カッターヘッド」が回転して岩盤を削って、そこへ円筒全体が潜り込みながら、その外周へトンネルの壁を製作。そうして掘り進んでいくことで、超電導リニアが500km/hで走る直径14mのトンネルが、首都の大深度地下にできあがるくしくみです。

深い深い首都高中央環状線 そのさらに下を掘り進め!

 シールドマシンの掘削速度は月に0.4km程度で、この北品川非常口(北品川工区)のシールドマシンが、第一首都圏トンネル36.9kmのすべてを掘るのではありません。品川駅から川崎市にある等々力非常口までの9.2kmを担当しており、それ以外の区間は、また別のシールドマシンが掘削します。

 なお、首都高中央環状線の下を通るこの北品川工区、シールドマシンは地上から最大でおよそ90mもの深い場所を掘り進みます。

 このシールドマシンは神戸市内で製作されたのち、分割されて2020年4月から東京の北品川非常口に運び込まれました。9月末頃には組立てが完了し、10月からは発進準備を開始。2021年度初頭に、トンネルの掘削が始まる予定です。

 なおこのシールドマシンによる掘削は、まず北品川非常口から西の等々力非常口まで行われたのち、北品川非常口へ戻ってシールドマシンの組み立て、発進準備をしてから、反対の品川駅方面へと掘り進められます。

 第一首都圏トンネルの北品川工区は、2018年4月16日から2026年3月15日までの工期です。ちなみにこのシールドマシンは白と青のデザイン。新幹線車両をイメージしたものだそうです。

関連記事(外部サイト)