自衛隊74式戦車の実射に密着! 戦車砲&重機関銃の射撃や発煙弾発射ってどうやるの?

自衛隊74式戦車の実射に密着! 戦車砲&重機関銃の射撃や発煙弾発射ってどうやるの?

東富士演習場で射撃する第1戦車大隊の74式戦車(2020年7月、柘植優介撮影)。

富士山の裾野に広がる陸上自衛隊東富士演習場は、毎年、富士総合火力演習(総火演)の会場としても使用される演習場です。そこで行われた第1師団第1戦車大隊の74式戦車の射撃訓練を独占取材しました。

関東甲信越唯一の実働戦車部隊の訓練とは

 陸上自衛隊では2020年現在、74式、90式、10式の3種類の戦車を運用しています。そのなかで最古参なのが74式戦車ですが、古くとも乗員は車両の性能を最大限発揮できるよう日頃から訓練を行っています。その訓練のひとつである実弾射撃について取材しました。

 足を運んだのは、静岡県御殿場市にある陸上自衛隊の駒門駐屯地。ここに所在する第1師団の第1戦車大隊の訓練に密着しました。

 第1戦車大隊は、大隊本部の指揮下に本部管理中隊と第1中隊、第2中隊の計3個中隊があり、74式戦車を装備しているのは第2中隊です。今回の訓練は1個小隊4両で行われ、74式戦車が装備する105mm戦車砲、12.7mm重機関銃、発煙弾発射筒の3種類の射撃が実施されました。

 早朝まだ暗いうちに駒門駐屯地を出発した4両の74式戦車は、射場のある東富士演習場まで演習場内の専用道路を自走して移動します。射場に到着すると、4両の乗員総出で戦車砲の整備を始めました。

 整備はクリーニングロッド(槓桿)を戦車砲のなかに入れ前後に動かして行いますが、これは単に砲身内部をきれいにするだけでなく、異物がないか点検するのも兼ねているそうです。それが終わると砲口に糸を十字に張り、主砲の照準調整も行っていました。

 こうして一連の準備が終わると、今度は弾薬の積載です。射場の脇に設けられた弾薬交付所に移動し、そこで105mm砲弾を積み込むといよいよ74式戦車の射撃訓練が始まりました。

総火演でも見られない74式戦車の重機関銃&発煙弾射撃

 74式戦車の主砲は105mm戦車砲です。その射撃訓練は、陣地を変えながら何度も行われました。的は約1000mから1700m先に設置されており、それに対して様々な角度から射撃します。

 105mm戦車砲の射撃が終わると、今度は砲塔上部に装備した12.7mm重機関銃の射撃に移りました。12.7mm重機関銃は対地対空の兼用で、射撃は乗員がハッチから身を乗り出し、手動で引き金を引いて行います。

 機関銃の的は戦車砲よりも手前、約800mの距離に設置されていました。

 機関銃射撃が終わると、最後は発煙弾の発射訓練です。74式戦車は3連装の発煙弾発射機を砲塔の左右に各1基ずつ備えています。今回は左もしくは右側のみ使って、1両につき3発ずつ発射していました。

 74式戦車の発煙弾は、90式戦車や10式戦車とは大きさが異なるため互換性はありません。乗員は3連装発射機の下の筒から順に弾を込め、安全を確認したのち車内操作で発射していました。

 74式戦車は、90式戦車や10式戦車ほど自動化されておらず、手動操作が多いそうです。たとえば戦車砲の装填も、90式戦車や10式戦車には「自動装填装置」という、砲弾をボタン一つで装填してくれる機械式の装填装置が搭載されているのに対し、74式戦車は装填手が乗り込み人力で砲弾を装填します。

 そのため、乗員数も90式戦車や10式戦車が、車長、砲手、操縦手の3名なのに対して、74式戦車だけは装填手を加えた4名なのが特徴です。

 その意味では乗員4名が連携することで、初めて74式戦車は性能を十二分に発揮できるといえるでしょう。性能をフルに発揮するためにも、日頃の訓練が欠かせないのはいうまでもありません。

関連記事(外部サイト)