床に工夫した「乗りやすい電車」 東京メトロに登場 有楽町線・副都心線用17000系

床に工夫した「乗りやすい電車」 東京メトロに登場 有楽町線・副都心線用17000系

丸いライトが特徴。東京メトロの新型車両17000系(2020年8月11日、恵 知仁撮影)。

東京メトロ有楽町線・副都心線用の新型車両17000系電車がお披露目されました。ややホーム側に傾いているなど、床に工夫があり乗降しやすくなっているほか、快適性や安全性の向上などが図られています。

ホーム側へ少し傾いた車内ドア付近

 東京メトロが2020年8月11日(火)、有楽町線と副都心線の新型車両である17000系電車を報道陣へ公開しました。

 ポイントのひとつは、特にベビーカーや車いすで乗り降りしやすくなっていること。床面の高さを、この車両と入れ替えになる従来車両(1974年登場の7000系)の1200mmから1140mmへ低くしたのに加え、乗降用ドア付近の床が、ホーム側へ少し傾斜した小さいスロープのような構造にされています。ホームから乗車するとき、ベビーカーなどの車輪がスムーズに車内へ入れる形です。この傾斜は、東京メトロで初のものといいます。

「東洋初の地下鉄として開業してから90年のノウハウを詰め込みました。快適性、バリアフリーを楽しみながら乗っていただければ」(東京メトロ 車両部設計課 課長 荻野智久さん)

 また、そうしたベビーカーや車いすでの利用を想定した、各車両にあるフリースペース付近の乗降口は、床にあるドアのレールに、車輪が通過しやすいよう切り欠きが入っているのも特徴です。

 車内の快適性も向上しており、従来の7000系と比べて冷房能力がアップしたほか、座席幅を430mmから460mmへ拡大。車内のデザインは、有楽町線と副都心線のラインカラーへ色彩を同調。連結面や座席横の仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用することで、車内の開放感を高めたといいます。

万が一脱線した場合でも自動で対応

 外観では、従来の7000系電車や10000系電車を連想させる丸型のヘッドライトを採用。車端上部に、車いすやベビーカーでの利用者がフリースペースの位置が分かりやすいよう、そのサインを掲示しています。

「TIMAシステム(車両情報監視・分析システム)」という、走行中の機器状態を総合指令所や車両メンテナンス担当部署から遠隔でモニタリングし、トラブルを未然に防ぐ仕組みが導入されているのも特徴。また、もし脱線した場合も、自動で列車を停止させることが可能です。

 この17000系電車は、副都心線開業15周年、有楽町線開業50周年に向け、2020年度中に1編成が営業運転を開始。2022年度までに全21編成180両が導入される予定です。

関連記事(外部サイト)