大変身の元東急電車 座席は元西武特急 平面顔には運転で工夫

大変身の元東急電車 座席は元西武特急 平面顔には運転で工夫

東急から伊豆急にやって来た8000系電車(2020年7月、恵 知仁撮影)。

伊豆急線には、元東急の8000系電車が走っていますが、座席は元西武「ニューレッドアロー」のものであるなど、東急時代からいろいろ変わりました。渋谷や横浜を走っていた元通勤電車で、海を眺めながら駅弁です。

東急時代は考えられなかっただろう座席

 静岡県の伊豆半島東岸を行く伊豆急線には、元東急電鉄の8000系電車が走っています。1969(昭和44)年に東急電鉄を走りはじめた車両で、そこでの役目を終えたのち、2004(平成16)年に伊豆急へやって来ました(8000系は東急から2008年に全車引退)。

 伊豆急にやってきた8000系電車の車内は、東急時代には考えられなかった構造になっています。片側が窓と並行のロングシートなのは変わらずですが、もう片側(海側)が向かい合わせのボックスシートになっています。

 伊豆急線は、東急線のように混雑するわけではなく、観光地である伊豆で、その海岸線を眺めながら走る路線環境。グループ旅行ではボックスシートの要望も多いことから、この形になったそうです。

 ちなみに、ロングシートの座席は元から同じですが、ボックスシートの座席は、西武鉄道の特急車両10000系電車「ニューレッドアロー」で使われていたものを、伊豆急での使用にあたり、移植したものだったりします。

 そのため元々、この座席はリクライニングできましたが、構造強化を目的に背面にパイプを設けたことなどから、それができなくなりました。

 座席の移植はそれを付けるだけ、かんたんにできそうにも思いますが、座席の下にある暖房機器や床下機器の変更なども行う必要があり、結構、大掛かりな改造になったそうです。ちなみに伊豆急にやってきて、トイレも新たに設置されています。

「平べったい顔」で運転も変化? 8000系で助かることも

 東急から伊豆急にやってきた8000系電車には、伊豆急線と直通するJR伊東線を走るのに必要な保安装置の設置や、新たに運転台を取り付けての3両編成化(当初は4両編成と2両編成)などが行われています。

 ワンマン運転への対応改造も行われました。伊豆高原駅以南では現在、8000系を使うほとんどの列車で車掌が乗っていないそうです。伊豆急線では8000系が最初のワンマン運転で、その導入により「乗務員の運用」も大きく変わったといいます。

 また乗務員にとって、8000系になって助かることもあるそうです。東急線の混雑にも対応できる、1両あたり片側4箇所のドア。乗客の乗り降りがスムーズで、遅延しづらいとのこと。

 東急線から伊豆急線にやってきて、8000系が走る路線環境は大きく変わりました。

 海の近くを行くとはいえ、地勢が険しくトンネルも多い伊豆急線。8000系は“顔”が平べったいことから、トンネルによっては風圧を緩和するため、進入時にスピードを少し落とすこともあるといいます。

 伊豆急線の駅では、伊豆の名産であるキンメダイを使った駅弁なども販売されています。展望席もある伊豆急の普通列車「リゾート21」や、特急列車の旅もいいですが、東急線を走っていた電車で、西武線を走っていた席に座って、海を見ながら駅弁を食べる、というのもオツかもしれません。

関連記事(外部サイト)

×