高田馬場駅 西武新宿線下りでホームドア使用開始 様々な扉位置に対応

高田馬場駅 西武新宿線下りでホームドア使用開始 様々な扉位置に対応

高田馬場駅3番ホームで設置が進むホームドア(画像:西武鉄道)。

残りのホームも年度内に設置へ。

 西武鉄道は2020年9月9日(水)、新宿線の高田馬場駅(東京都新宿区)で、16日(水)正午頃に3番ホーム(下り)のホームドアの使用を開始すると発表しました。

 設置されるホームドアは西武新宿駅と同様、車両の様々な扉の位置に対応する大開口タイプです。

 西武新宿線の高田馬場駅では今後、12月頃に5番ホーム(上り)、2021年3月頃に4番ホーム(下り)でもホームドアの使用が始まる予定です。

※一部修正しました(9月12日14時30分)。

関連記事(外部サイト)

×