「登録完了」の文字に騙されない!アダルトサイト詐欺から身を守る方法

「登録完了」の文字に騙されない!アダルトサイト詐欺から身を守る方法

画像はイメージです

 コロナ禍で巣ごもり生活が続く中、スマホやパソコンで簡単に見られるアダルトサイトで、動画を視聴する中高年が増えている。

「それに伴い、中高年を中心とした“デジタル初心者”を狙い打ちするかのように、悪辣なアダルトサイト詐欺が急増しているんです」(消費者団体スタッフ)

 独立行政法人情報処理推進機構によると、アダルトサイト絡みの脅迫メールに関する相談が、3月29日には一日で約50件も殺到したという。

「北海道旭川市では、50代の男性がアダルトサイトを閲覧中に“登録完了”の文字が表示され、サイト職員を名乗る人物に約380万円をだまし取られた事件も発生しています」(全国紙社会部記者)

 悪徳商法評論家の多田文明氏は、こう指摘する。

「旭川市の事件は、コンビニなどで購入可能な電子マネーのプリペイドカードを郵送させ、だまし取ったものですね。今はコンビニでも、高齢者が高額な電子マネーを購入する際はチェックするようなんですが、今回の被害者の方は50代。そのチェックに漏れてしまったようです」

 こうした詐欺被害は、主に無修正動画などがアップロードされている違法サイトにアクセスした人がカモとなる。詐欺師たちは、だまされた視聴者が、自ら連絡してくることを手ぐすねを引いて待っているのだ。

「彼らは電話、メールなどで直接、連絡を取りたいんです。直接連絡を取って、最初は退会費用などと偽り、少額の金銭を要求する。それに一度でも応じてしまうと、何度でも請求され、結果、今回の事例のように高額な被害になるわけです」(前同)

 こうした詐欺被害から、身を守るには、どうすればいいのか。多田氏に、守るべき5か条を挙げてもらった(以下、発言は多田氏)。

「まずは慌てないことです。クリックするだけで登録完了なんて、ありえません。次に、そうした表示が出ても、相手に電話するのではなく、電話番号188の消費者ホットライン、#9110の警察専用相談電話へ電話しましょう。匿名でも対応してくれます」

 現在発売中の『週刊大衆』6月14日号を読んで、詐欺に騙されずに安全にサイトを閲覧しよう。

関連記事(外部サイト)