『スシロー』『くら寿司』『はま寿司』『かっぱ寿司』4大回転寿司チェーン最強決定戦

『スシロー』『くら寿司』『はま寿司』『かっぱ寿司』4大回転寿司チェーン最強決定戦

画像はイメージです

 コロナ禍で深刻なダメージを負っている飲食業界の中で、「回転寿司」が驚異的な頑張りを見せている。

「業界最大手の『スシロー』は、昨年10月から今年3月にかけて、駅前の都市型店を含む24店舗もの新店をオープン。さらに当期の営業利益は131億1400万円と、前年同期比で59.2%増。上半期の業績として過去最高を記録しました」(経済誌記者)

 この勢いに負けじと、『かっぱ寿司』のコロナ禍を逆手に取ったサービスも話題となっている。

「自宅でも回転寿司を楽しんでもらおうと、5月21日から、一部店舗で回転レーンのレンタルサービスを開始したんです。これは、テイクアウトした寿司を、一緒に貸してくれるお皿に乗せて回転レーンに置くだけで、自宅が“ミニかっぱ寿司”になる楽しいサービス。1泊2日のレンタルで3300円とリーズナブルに利用できます」(フードライター)

 このサービスの発表直後から、対象店舗に問い合わせが相次いでいるという。

 テレビ東京系『TVチャンピオン2』で「回転寿司通選手権」の王者になった、回転寿司評論家の米川伸生氏は、こう話す。

「リーマンショックや震災など、いろいろな危機が日本を襲いましたが、そのたびに大きな進化を遂げて業績を伸ばし、生き残ってきたのが回転寿司。最も不況に強い外食産業と言ってもいいかもしれませんね」

 では現在、『スシロー』『かっぱ寿司』『くら寿司』『はま寿司』の4大チェーンでは、どんな寿司が食べられるのか。よりおいしく食べられるお得な情報とともに、回転寿司ナンバーワンを決定しよう!

 まずは、絶好調の『スシロー』から。6月2日から20 日までの期間限定で、『あっぱれ、日本!超すし祭』の第2弾として『超てんこ盛り』キャンペーンを開催中だ。5月の第1弾では、他社ではお目にかかれないほどネタが大きな「ダブルじゃんぼホタテ貝柱」(330円/29グラム)などが提供され、話題となった。

「今回の目玉は、ホタテやネギマグロ、カニ本身、イクラ、生サーモンなど7種のネタを、てんこ盛りにした、インパクト抜群の『超てんこ盛り!海鮮爆盛りマウンテン』(528円)。また、人気の中トロを、超大切りサイズで提供する『超大切り!中とろ』(165円)や、サーモンの脂と赤身のうま味をダブルで楽しめる『ダブル生サーモン』(165円)のお得感もハンパじゃありません」(前出のフードライター)

関連記事(外部サイト)