自粛生活で不眠が急増…プロが教える「1分で熟睡できる簡単テクニック」

自粛生活で不眠が急増…プロが教える「1分で熟睡できる簡単テクニック」

画像はイメージです

 コロナ禍で在宅勤務や、外出控えを強いられる昨今。そのストレスや生活リズムの乱れから寝つけない、眠っても疲れが取れないと訴える人が増えている。質の良い「眠り」を確保するには、どうしたらいいのか。そこで今回、『週刊大衆』は健康のプロに“熟睡の秘訣”を伝授してもらった。

1. 毎朝、同じ時間に起きて、日光を浴びる。

 テレワークで、遅くまで寝ていたり、外出自粛で日光を浴びる機会が少なくなった人も多いだろう。

 産業医として睡眠の相談を受ける下村洋一氏が言う。「まず、以前の通勤時と同じ時間に寝て起きる。休日も起床時間は遅らせず、規則正しい生活をすることが、寝つきを良くします。加えて、通勤時と同じ時間に日光を浴びることも大切。我々の体は、日光を浴びて14〜16時間後に眠くなるようにできているからです」

2. 1時間以上昼寝をしない。

 自宅で過ごす時間が長いと、つい昼寝をしてしまう人も多いはず。だが、長時間の昼寝は睡眠の質を下げる要因になる。

「昼寝は30分から最大1時間にとどめてください。また、23時から午前5〜6時までが一番良い睡眠が取れる時間帯です。夜勤の方が昼間、仮に6時間寝ても、良い睡眠を取れる夜の時間帯の3分の1程度にしかならないといわれるほど、睡眠の質は違うんです」(下村氏)

 ちなみに、昼寝の際は、家にいるからといって寝床に潜り込むのは避けよう。イスで軽く眠る程度が良いという。

3. ベッドで作業をしない。

 睡眠前にベッドで読書、テレビを見る、スマホをいじる……といった行動も、つい、やりがちだ。

「そうしていると“ベッド(布団)=寝る”と体が認識しなくなり、寝つけなくなってしまいます」(同)

 寝床に入る前は、「入眠ルーティン」を確立することが重要という。どのような内容かは、現在発売中の『週刊大衆』9月13日号をチェック。

関連記事(外部サイト)