ふるさと納税支払い期限まであと100日!「最新・高級&笑える返礼品リスト」

ふるさと納税支払い期限まであと100日!「最新・高級&笑える返礼品リスト」

画像はイメージです

 支払い期限の大みそかまで100余日。今年も「ふるさと納税」の締め切りが迫ってきた。

 ご存じの通り、ふるさと納税は、自分の好きな自治体に「寄付」でき、その額に応じて所得税や地方税が控除される仕組み。かつては「還元率100%超」を謳い、寄付額を上回る高級グルメなどの地元産品が返礼品として送られてきた。

 だが、その過熱ぶりに総務省が待ったをかけ、2019年に「返礼品は3割以内」、つまり、還元率30%以内という“ルール”に。

 たとえば1万円を寄付すると、3000円相当の返礼品が受け取れるが、2000円の手数料を差し引かれるので、1000円お得になるだけ。理屈ではそうなのだが、ふるさと納税を舐めてはいけない。

 ふるさと納税プランナーの森口恵美氏が解説する。

「20年は“新型コロナ支援”という形で農林水産省から支援を受けた自治体が、還元率5割近い返礼品を出していることもありました。今年に入り、数は減ったとはいえ、お得な返礼品を出す自治体はまだあるので要チェックです」

 それだけではない。「3割以内」というのは、あくまで自治体側の調達コスト。市販価格とは開きがあり、たとえば、1万5000円の寄付で通販価格1万3000円相当の高級和牛をもらうことも可能なのだ。

 そんな高還元率の返礼品を『週刊大衆』ではランキングにした。ここからはユニークな返礼品を紹介しよう。

 まずは、ホタテの産地である青森県むつ市が今年から返礼品リストに入れたホタテ水着(納税額6000円=以下同)。貝殻3枚をヒモで結んだ上下の水着セットで、かつてタレントの武田久美子が写真集で披露して話題になったホタテビキニを思わせるデザインだ。

 この商品を発案し、製造にあたる阿部商店の阿部学さんが言う。

「今年8月の豪雨被害の後、インパクトのある商品で地元の復興に役立てたいと思い、市に相談して実現しました。地元を少しでも明るくしたいと思い、ホタテの貝殻を見ているうちに、ひらめいて販売を始めたのが、この水着だったんです」

 パーティグッズなどとして、毎年100着以上を売り上げる、知る人ぞ知る人気商品だという。

関連記事(外部サイト)