追悼…さいとう・たかを氏『ゴルゴ13』顔負けの豪快な人柄とは?

追悼…さいとう・たかを氏『ゴルゴ13』顔負けの豪快な人柄とは?

さいとう・たかを 写真/弦巻勝

 9月24日、『ゴルゴ13』や『鬼平犯科帳』(原作・池波正太郎)などで知られる漫画家のさいとう・たかをさんが亡くなった。享年84。

「代表作『ゴルゴ13』は、現在202巻まで刊行されています。単一漫画シリーズで世界一の巻数としてギネス記録に認定され、累計発行部数も3億部を突破。麻生太郎さんが、世界情勢を学ぶために愛読しているなど、あらゆる意味で日本を代表する漫画作品です」(青年漫画誌編集者)

 さいとうさんと、『鬼平犯科帳』で一緒に仕事をした編集者が振り返る。

「さいとう先生は最初、家業の理髪店で働いていたんですが、“顔剃りのときに、お客さんの頸動脈を切りたくなる衝動にかられてね。ヤバいと思って漫画家になろうと思ったんだ”と話してくれました(笑)。関わった編集者は皆、さいとう先生の人柄に惚れていましたね。会うたびに、自分のような若手にも“悩みがあったら、俺に相談しろ”と言ってくれました」

 仕事でも、ゴルゴ13ことデューク東郷さながらの、プロの極意があったという。

「表紙用イラストの長谷川平蔵の表情があまりに魅力的でしたので、理由をおうかがいしたところ、“俺は表情を描くとき、1つの感情ではなく2つの感情を込めている。たとえば怒りと悲しみといった具合にね”と教えてくれました。超一流の作家さんなのに、本当に気さくな方でした」(前同)

 現在発売中の『週刊大衆』10月25日号では、さらにさいとう氏の人柄がわかるエピソードを掲載している。

関連記事(外部サイト)