パチンコ、仮想通貨、ふるさと納税…2019年に「やっておくべきこと」リスト

パチンコ、仮想通貨、ふるさと納税…2019年に「やっておくべきこと」リスト

画像はイメージです

 新しい年の幕が開けた。昨年は充実した一年だった人も、そうでない人も、「今年こそは!」の誓いを立てるのが新年だ。“一年の計は元旦にあり”というから、今月のうちに「2019年にやっておくべきこと」を確認しておきたい。

 では、まずは今年一年の流れを整理しながら、やるべきことをチェックしていこう。まずは、ファンが多いパチンコ対策から。

「パチンコは、2月に確変継続率の規制緩和が予定されています。これを受けて、メーカーも店舗も業界活性化のために“爆裂連チャン機”をバンバン投入してくるはずですから、1月中は我慢して、2月の規制緩和後に“初打ち”するのがいいかもしれません」(パチンコ情報誌記者)

 2月は、スギ花粉の飛散が活発化する季節でもある。

「花粉症の人は、腸内環境を整えると症状が軽くて済みます。2月になったら、毎日、ヨーグルトを食べる習慣をつけましょう」(医療ライター)

 3月には、財テクの大きな好機が訪れる。昨今話題の仮想通貨で、大儲けできるというのだ。『ビットコインは5000万円になる!』(双葉社刊)の著者で、暗号通貨アナリストのナカモトヤスシ氏が言う。

「ビットコインの価格は保有者数が増えれば上がる仕組みですが、世界中でビットコイン保有者はずっと増え続けています。にもかかわらず、昨年は価格が低迷し、特に秋からは大きな暴落もありました。暴落した理由は、かなり安い価格で大量に保有していた一部のホルダーが、その時期に一気に利益確定の売り注文を出したから。なので、現在は非常に値ごろ感があり、買いやすくなっています」

 米大手シンクタンクは、ビットコインの底値は3月になると予測している。この時期に数万円程度でも仕込めれば、大化けするかもしれない。また、株式についても、ナカモト氏は大胆な予想をしている。

「今年の日本株は低迷する可能性があります。そんなときは、あえて“逆張り”してみるのがオススメです。ズバリ、推奨銘柄は日産自動車です。逮捕されたゴーン氏をめぐる問題の長期化が予想される中、一時的に株価が暴落する可能性があります。ただ、日産は優良企業ですので、すぐに値を戻すはず。ですから、暴落したら買いです」

 他にも、シャープと東京電力がオススメだという。

「シャープはここ2年で大きく値を下げており、買い時です。東京電力HDは、震災以降低迷していましたが、昨年の後半から回復基調にありますね」(前同)

 今年の干支は猪。投資でも恐れることなく、“猛進”すると吉のようだ。4月末には今上天皇が退位され、5月1日に皇太子が新天皇に即位される。

「皇太子の即位に合わせて新元号となりますが、これは4月中旬に菅義偉官房長官から発表される見込みです。一説には『感永』『化永』『玉英』などが有力視されているようです」(全国紙政治部記者)

 皇太子が即位される5月1日が祝日となり、祝日法により、その前日と翌日も休日となるため、今年は春のGWが10連休となる。

「超大型の10連休になるので、行楽の予定はかなり早目に立てておいたほうが無難です。ただ、“飛び石連休”となる人も意外と多いといわれていますので、“半分平日”となる可能性が高い4月30日と5月2日をうまく絡められると、混雑が緩和したり、旅行代金を抑えられるはずです」(旅行代理店スタッフ)

 5月中には、もう一つ、やっておかなければならないことがある。

「ふるさと納税の申請です。住民税の一部を特定の自治体に割り振ると、返礼品をもらえるため、大人気となっているふるさと納税ですが、総務省から“行き過ぎた返礼品を6月から禁止する”と通達が出されてしまったんです。

 これまでは、たとえば5万円ふるさと納税すると、35000円相当の旅行券がもらえるなど、高額な返礼品が横行していました。総務省はこれを見かねたため、指導を出すことになったわけです。6月以降は高額な返礼品がなくなってしまいますので、駆け込みで高額返礼品がある5月中に手続きするといいでしょう」(生活情報誌ライター

 秋にはラグビーW杯が日本で開催される。

「テレビ中継も予定されており、盛り上がることは間違いありません。ただ、ラグビーのルールはよく分からないという人が多いのも事実。事前にルールをおさらいしておくと、ぐっとゲームが楽しめるはずですよ」(スポーツ紙記者)

 10月22日には、新天皇の即位を国内外にお披露目する「即位礼正殿の儀」が執り行われる。

「併せて、新天皇がオープンカーに乗車される祝賀御列の儀も予定されています。自身の目で陛下のお姿を見たい人は、この機会にぜひ」(宮内庁関係者)

 年末の12月27日には、新作の『男はつらいよ』の公開が控えている。

「“古き良き昭和の日本人”の象徴である寅さんの勇姿は、待ち遠しくて仕方ありませんね」(映画ライター)

 昭和、平成、新元号と3つの時代を生きたことになる寅さん。本作が今年の年末を締めくくるのは、感慨深いものがある。

 1月4日発売の『週刊大衆』最新号では、50のリストを用意して「やっておくべきこと」を紹介。備えさえあれば憂いなし! 2019年よ、どんと来い!

関連記事(外部サイト)