ちょい足しで熱中症予防も!牛丼、ラーメン…昼食のプラス1品はこれで決まり!

ちょい足しで熱中症予防も!牛丼、ラーメン…昼食のプラス1品はこれで決まり!

画像はイメージです

 暑さによる熱中症リスクの上昇や、新型コロナ第7波の猛威に苦しむ日本。例年以上に、体調に気を遣う人も多いのでは?

「実は、男性が昼食で利用することの多い蕎麦屋や牛丼屋にも、夏を乗り切るための、健康維持に役立つサイドメニューがあるんですよ」

 こう話すのは、薬剤師で『壮健タムラ薬局』経営者の田村哲彦氏だ。そこで今回は、昼飯に“ちょい足し”することで、熱中症やコロナ感染防止に役立つ一品を、聞いてみた。

 まず、蕎麦やうどんを昼食にする場合に、モリモリ食べたいのがネギ。

「夏のスタミナ源といえばニンニクですが、それと同じ薬効があるアリシンが含まれているので、疲労回復に役立ち、免疫力を上げる作用もあります」(田村氏=以下同)

 ラーメン党の人は、チャーシュー増し増しで。

「豚肉は肉類でもビタミンB群が多く、中でもニンニクやネギのアリシンと結びついて効力を発揮するビタミンB1が豊富です」

 暑いと辛いものが食べたくなるが、カレー屋で頼むならラッシーだ。ドリンクメニューになくても、「ラッシープリン」などデザートで用意されていることも。

「この季節、お腹の違和感を訴える方が増えるのは、温度や湿度の高さが胃腸の働きを鈍らせるからです。そんな不調を改善してくれるのが、ラッシーやヨーグルトなどの発酵食品です」

 発酵食品は、同時に免疫力アップにも役立つ。“昼飯の定番”牛丼店なら、無料で追加できる紅ショウガに加え、みそ汁、お新香と、免疫力アップに役立つちょい足しがそろっている。

 定食なら、納豆と冷や奴。「熱中症になったり夏バテしたりするのは、熱が体にこもるからです。体を冷やす働きがある大豆やウリ科の食材を加えることで、改善されます」

 現在発売中の『週刊大衆』8月15日号を読んで、猛暑とコロナに打ち勝とう。

関連記事(外部サイト)