プロ厳選3大コンビニ「冬カレー」激うまNo.1本場志向や具材重視、名店監修も!

プロ厳選3大コンビニ「冬カレー」激うまNo.1本場志向や具材重視、名店監修も!

写真はイメージです

 おせち料理に飽きた頃、なぜか無性に食べたくなる「カレー」。そんなときに重宝するのは、いつでも気軽に安価で食べられるコンビニのカレーだろう。

「コンビニのカレーの進化は目覚ましく、今やお店の味にも負けないクオリティ。ホッとする味の日本式カレーから、ピリ辛の本格派まで種類も豊富で、食事が格段に楽しくなりますよ」

 こう言うのは、カレー研究家のスパイシー丸山氏だ。そこで今回は、同氏協力のもと、コンビニ大手3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)、3大コンビニのカレーを食べ比べてみた。

■ローソンの王道系

 まずは、ごはんと相性がよい“王道系”カレー。最注目は、ローソンの『牛肉ごろごろ!フォンドボー仕上げのビーフカレー』(441円=以下、価格は税込み)。こちらは弁当コーナーにあるチルド冷蔵食品だ。

「バターの豊かな香りと、西洋だしの深い味わいは、まるで有名店の欧風カレーのよう。また、チルドのカレーは具が大きいのも特徴。ぜいたくに入った牛肉も、ぜひ味わってほしいですね」(丸山氏=以下同)

■ボリューム満点ファミリーマート

 ボリュームを求める人には、ピリ辛のルーと大盛りごはんが入った、ファミマの弁当『30種類以上のスパイス使用こだわりカレー』(328円)がオススメ。

「セブンの冷凍食品『小海老とたまごのドライカレー』(257円)も、チャーハンのようなパラッとした食感がクセになりますよ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?