秋のお肌は「色素沈着のピンチ」に、さらされている!?

秋のお肌は「色素沈着のピンチ」に、さらされている!?

記事画像

 肌にとって過酷な夏が終わり、ホッと一息。暑さ対策や紫外線対策などをしっかりしていたから、これで安心? いえいえ、もしかしたら肌は今、満身創痍かもしれません。

 秋の肌は、夏のダメージを受けた状態にあります。紫外線による影響でメラニンが活発に作られ、シミやソバカスなどの色素沈着の可能性があります。健康的な肌であれば、作られたメラニンは新陳代謝によって、薄くなって消えていきます。しかし、肌のバランスが崩れていると、メラニンが肌に残ったままになり、シミやソバカスになります。

 紫外線対策をしっかりと行った場合、色素沈着の可能性は少なくなりますが、日焼け止めなど、夏の化粧品による肌への影響が気になります。日焼け止めは、毎回塗ったら、毎回しっかりと落とさなければいけません。そのときに必要以上に肌の皮脂や水分を奪っていた可能性があるのです。

 秋は発汗量や皮脂の減少により、さらに肌が乾燥しやすくなります。空気も乾燥してきて、アレルギーなど、外からの刺激にも敏感にもなります。乾燥状態が加速する冬前のこの時期の秋肌は、とてもデリケートなのです。

 夏に受けたダメージを減らし、秋の肌を健康に保つためにも、大切なのは保湿です。ただやみくもに保湿すればいいというわけではありません。保湿性を高めるために、クレンジングや洗顔をきちんと行うことが重要です。肌には、雑菌や皮脂、場合によっては古い角質が残っている可能性があります。これが、保湿や新陳代謝に影響を与えてしまいます。それらの物質を取り除きつつ、角質層を傷つけないよう優しくクレンジング&洗顔をしましょう。

 肌がきれいになったら、ここで保湿ケアです。化粧水や美容液で肌への水分補給をし、乳液やクリームで人工的に皮脂膜を作りましょう。

 身体の内側からのケアとしては、たんぱく質とビタミンCを摂取し、体内のコラーゲン生成を助けてあげます。そして、睡眠時間は6時間程度確保することで、新陳代謝もスムーズに行われます。こうして夏のダメージを緩和していきましょう。

 もちろん、秋にも夏ほどではなくても、紫外線は降り注いでいます。長時間、屋外にいるときは紫外線対策をお忘れなく。そして、保湿を欠かさずに! いまからモチモチ肌をつくって冬に備えましょう!

長谷川正和
86年、神奈川県生まれ。男性のハンドモデルとしてコマーシャルから広告、再現VTR等に出演。物心ついた頃からお腹が弱いため、身体の「中身」のスキンケアも徹底している。

関連記事(外部サイト)