コーヒーを飲むだけで「美白&アンチエイジング」できるってホント?

コーヒーを飲むだけで「美白&アンチエイジング」できるってホント?

記事画像

 筆者はコーヒーが好きなので、専門店へよく飲みに行きます。そこで、ふと気がついたことがあります。常連さんたちの中には、なぜか実年齢より若く見える人が多いのです。最近メディアで「美魔女」という言葉が使われますが、お客さんの中には40代に見えて実は60歳弱だったという美魔女がいたこともあります。もしかして、コーヒーを愛飲していると、若さを保てるのかも!?

 コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが多く含まれています。他のポリフェノールもそうですが、このクロロゲン酸にも抗酸化作用があります。抗酸化作用とは「体の老化を遅らせる可能性が期待される」と話題の作用のこと。また、クロロゲン酸は、国内の研究でシミを抑制する効果があるという結果が出ています。クロロゲン酸が、シミの原因となる色素であるメラニンの生成を3割ほど抑えたというのです。1日に2杯以上コーヒーを飲んでいる人には、その効果が顕著に認められたそうです。

 1日にとる適切な量は、2杯以上、5杯未満といったところでしょうか。あまり過剰に飲むとカフェイン中毒になる恐れがあります。5杯という量は、極端に多い量ではないですが、飲み慣れていない人にとっては危険かもしれません。1時間のうちに3杯、3時間のうちに10杯以上飲むと、急性カフェイン中毒になることもありますので、注意しましょう。

 最近流行のカフェインを抑えたカフェインレス、もしくはカフェインを抜いたデカフェの場合はどうでしょうか。カフェインレスといえば、以前は溶剤を使った抽出法でしたが、現在は比較的安全な方法で抽出しています。専門的になるため詳しい話は割愛しますが、質の良いものならば、カフェインレスであってもクロロゲン酸はそれほど低下しないそうです。ひきたてのコーヒー、質の良いカフェインレスコーヒーを飲むようにしましょう。

 コーヒーにメラニンの抑制効果が認められた研究を受け、シワの予防効果についても研究されているそうです。コーヒーをおいしく飲むだけでアンチエイジングできてしまうなんて、すごいことですよね。

長谷川正和
86年、神奈川県生まれ。男性のハンドモデルとしてコマーシャルから広告、再現VTR等に出演。物心ついた頃からお腹が弱いため、身体の「中身」のスキンケアも徹底している。

関連記事(外部サイト)