“空流”に“大魂”「キラキラネーム」全部読める!?

「キラキラネーム」の実例を紹介 輝弥虎進(きゃとらしん)、矛伴目途(むはんまど)

記事まとめ

  • 近年学生の名前に、強引な当て字や理解に苦しむ言葉選びが目立つようになったという
  • 個性的すぎる名前の筆頭として今も歴史に残るのが、1993年の“悪魔ちゃん”騒動だった
  • キラキラネームの実例に大魂、一心、希星、姫星、輝弥虎進、矛伴目途などを記事で紹介

“空流”に“大魂”「キラキラネーム」全部読める!?

“空流”に“大魂”「キラキラネーム」全部読める!?

記事画像

「大魂」「月姫」「輝弥虎進」……あなたは、これが分かる!? 夢と願いが詰まった創意工夫? それとも、ただの悪ふざけ?

 新年度開始から2か月あまり。職場の新入社員の顔ぶれをようやく認知したものの、「この名前……なんて読めばいいんだ?」と戸惑った経験のある人もいるはずだ。「近年、学生の名前に、とにかく強引な当て字や理解に苦しむ言葉選びが目立つようになりました。名簿を作るのも一苦労ですよ」 ある大学の教務職員もこう嘆く通り、最近、とにかく“超個性的”な名前が花盛りなのだという。

 名前の流行が時代とともに変わるのは、当たり前と言えば当たり前。明治安田生命が毎年発表している新生児の命名数ランキングを見ると、たとえば男児では1979年から86年まで、甲子園〜プロ野球ヤクルトで活躍した荒木大輔投手の人気を反映して「大輔」が1位を独走。女児では83〜90年まで「愛」が不動の1位だったが、翌年のランキングでは、前年まで10位以内にも入らなかった「美咲」が突如首位に躍り出て、その後6年にわたってトップを守った。

「90年の末に放映されたドラマ『クリスマス・イヴ』で清水美砂が演じた重要なサブキャラの名が美咲でした。翌年からの驀進は恐らく、この影響でしょう」 こう語るのは、ネーミングと時代性の関係をウォッチするライターの飯田尚氏。「このように、かつては名前の流行は世相を反映したもので、悪く言うと似たような名前になることも多かった。テレビや雑誌など、娯楽と言えばマスのものだった時代ゆえですね」

 そんな中でも、変わった名前の子どもは現れた。“個性的すぎる名前”の筆頭として今も歴史に残るのが、93年の“悪魔ちゃん”騒動。東京都に住む父親が子どもに「悪魔」と命名申請したところ役所に受理されず、「“悪”“魔”いずれの字も命名に使える常用漢字であり、可能なはずだ」と裁判を起こした騒動だ。飯田氏は、「この頃から“個性的すぎる名前”が世の中に増えていったような気がします。近年はマスの娯楽が成立しなくなり、名前もますます親の好みが先鋭化してくる傾向に。あまりにファンキーすぎて、もはや親以外には誰も解読できない“唯一無二”の名前ばかりです」

 そうした名前は、いつしか「キラキラネーム」と呼ばれるようになった。いったい、何がどうキラキラしているというのだろうか? ここからは、関係各所の協力を得て集めたここ数年のキラキラネームの実例を、クイズ形式で見ていこう。まず、初級編から。

(1)心愛(女の子)「これはまあ、読めますよね。ちょっと甘いイメージもあって、かわいい子に育ってほしいという親御さんの願いを感じます」(飯田氏・以下同)

(2)昊空、昊天など(男の子)「これも、今やかなりメジャーな名前ですね。高い志を持ってほしいという想いも感じられるし、爽やかなイメージもある。まあ本来、1文字で済むんですが」

(3)緑夢(男の子)「スキー選手として第一線で活躍し、練習中にケガをしても不屈の精神でパラリンピック出場を目指す成田緑夢選手が有名ですが、やはり“夢”への強いこだわりを感じます。“自分だけの物語を作ってほしい”という願いの表れでしょうか」

(4)篤朱(男の子)「国際化時代、“海外で通用する名前に”と、英語を当て字にする親御さんも多いです。問題はこの英単語の意味を知っていたかどうかということと、海外で通用する、しないに名前は関係ないということですね」

 さて、この程度なら、賢明な読者諸兄はすべてお分かりではないだろうか。正解は、(1)ここあ、(2)そら、(3)ぐりむ、(4)あっしゅ(英語の意味は“灰”)。ここからが、真の難読ネーム。中級編だ。

(5)月姫(女の子)「“姫”とつく名前はキラキラネームである可能性が高いですね。“お姫様のように、かわいい子になってほしい”という願いに、さらに月の輝きのイメージを“全部のせ”したんでしょう。ちなみに、読みは3〜4種類存在するようです」

(6)空流(男の子)「男の子の名前と言えば、従来はジャンプ漫画の主人公的な、元気で快活なイメージのものが主流。しかし、最近はあまり暑苦しくないスマートな男性像も好まれていますからね。ジャンプ漫画と言えば、“流富威(ルフィ)”という名前も実在するようです」

(7)今鹿(女の子)「マンガの主人公の名前が出たので、これも挙げますが……。国際化社会を反映してか、日本語脳では読めない高度な当て字です」

(8)大魂(男の子)「ジャンプ漫画っぽい、壮大な字面ですね。男はでっかくなくちゃ! と思わせてくれます。が、読みがどうも有名な安売り店みたいなのが、若干スケールが小さいような気も……親御さんが好きなのかな」

 このレベルだと、なかなか分かりづらいかもしれないが、いかがだろうか? 正解は(5)るな、らめ、かぐやなど、(6)くーる、(7)なうしか、(8)だいそー。「魂=ソウルを“そー”と読むあたり、英語教育の普及で発音がよくなったことの証ですね」 そ、そうだろうか……。さて、ここから上級編へ。

(9)泡姫(女の子)「これは夜のお店の隠語なんですが……。親御さんはご存じなかったんでしょう。泡のように儚く美しい、ある物語の主人公の名前なんですが、ちょっと心配になってしまいます」

(10)一心(女の子)「これは確かに読んで字の如しというか、ただ一つの目標や人物にまっすぐ向かう、すごく純真そうなイメージです。しかし、この字で、そう読めるかというのは別問題ですが……」

(11)夢希(男の子)「ユウキとかダイキ、“○○キ”という名前は、どこかスポーティな印象で、僕も子どもの頃は憧れましたね。親御さんはよほどスポーツ好きか、もしくはスニーカー好きなのかな……」

(12)希星、姫星など(女の子)「これも難しいですね。音にしてみればなじみのある言葉ですが、この文字面からはまったく分からない。若いお母さんが、自分が好きなものの名前をそのまま子どもにつけた印象です」

 というわけで、上級編の解答は(9)ありえる、(10)ぴゅあ、(11)ないき、(12)きてぃ。こうして見ると、キラキラネームには親の願いや好みがストレートすぎるほどに表現されたものが多い。

「ゲームやアニメの影響で言語感覚が豊かになってきたことと、“個性的な名前にしよう”と思うあまり、どんどん使う文字がゴージャス、難解になったりしていることが“キラキラ”と言われる所以でしょう。親御さんが子どものことを真剣に考えていることには、今も昔も変わりはないんですが」(飯田氏)

 キラキラネームも親心ゆえ。たとえどんなに読みづらくても、その思いはきちんと汲まなければならない。しかし、さすがに「これは読めませんよ!」という“超級編”も、世の中には存在する。

(13)皇帝「これも“夢は大きく”系ですが……もはや、読み以前の問題のような気も」

(14)輝弥虎進「沖縄に11人兄弟が全員キラキラネームという家族がいるんですが、彼はその三男。すぐ下の妹は美寿蘭(びじゅら)ちゃん、一番下の子は駿煌進(じゅせとしん)くんと言うそうです……ヒントにならないか」

(15)矛伴目途「海外にもキラキラネームは存在するんですが、同時に“NGの名前”も、国や文化によって存在します。メキシコでは“ヒトラー”“ツイッター”など61の名前が禁止。ニュージーランドでは“プリンセス”など、公的な階級を示す名前が禁止です。この名前も、禁止の国があるかも……」

 なんとも奥深い、キラキラネームの世界。会社の人事担当者や人の名前を呼ぶ機会の多い窓口業務の方々、健闘を祈ります!

 超級編の正解:(13)しいざあ、ねろなど、(14)きゃとらしん、(15)むはんまど。

関連記事(外部サイト)