“夫の殺し方で盛り上がる”人気投稿サイト、戦慄の書き込み実態

“夫の殺し方で盛り上がる”人気投稿サイト、戦慄の書き込み実態

記事画像

 連日、ワイドショーを賑わせている松居一代と船越英一郎のドロ沼離婚騒動。「松居のように、キレたら大暴走する妻は少なくありません。7月15日には60代男性の遺体が発見され、妻と娘が逮捕。退職金を巡るトラブルがあったようですが、殺しはせずとも、心の中で“死ね”と念じながら生活する妻は案外多いんです」(女性週刊誌記者)

 なんとも恐ろしい話だが、そんな実情を反映するかのように、現在、人妻の間で、とんでもないWEBサイトが人気を集めているという。「『だんなDEATH NOTE』という投稿サイトで、アドレス“danna-shine.com”をローマ字読みすると“旦那死ねドットコム”。<私に不必要な旦那、死んで><風呂入れ!この汚物が!>など、旦那を呪う書き込みで溢れています」(前同)

 恐る恐る同サイトを覗くと、人気投稿は<永眠(中略)やっと旦那が死んでくれました>というもの。約7万ものアクセスが殺到し、「おめでとうございます! 実に羨ましいです」「早く逝かせるコツありますか?」「うちは健康診断で初めて脳動脈瘤見つかって、ついにキター!! って心の中ガッツポーズ」など、不謹慎すぎるコメントの数々が並んでいた。

 他にも、<地球を踏むな! さっさと死ね!!(中略)お前は気付いてないみてぇだが子供と二人で回転寿司いったりお前の歯ブラシでトイレ掃除したりしてるからなァ!!><今日も旦那が死んだ連絡がこない。まだ生きてんのかよ>など、衝撃の書き込みがワンサカ。

「1日平均で50万回程度、閲覧されていますね。毎日、新しい書き込みが60〜70個程、投稿されています」と語るのは、同サイトを運営する“死神”氏だ。6月には、投稿者らが実際に集う“オフ会”も実施。そこでは、さらに驚愕の会話がなされていたという。

「夫の殺し方で盛り上がっていました(笑)」と語るのは、オフ会に参加した人妻Aさん。「ある女性は、手が荒れていたんですが、その理由がなんと、夫を殺そうと“いろんな薬品を試していたら、失敗しちゃって”というもの! さらには、“ジャガイモの芽をわざと食事に混ぜているのになかなか死なない”という悩みを話す方も。近くの奥様が“最近のジャガイモは品種改良されているから毒性がないのよ”とアドバイスしていました」

 そんな最恐妻の実態は、「年齢は20代後半から51歳。私も驚いたのですが、オフ会に来たのは、綺麗で上品な美人妻ばかりだったんです。服装もセンスが良く、バッグも高級品。旦那さんも、上場企業の役員や地主、社長などお金持ちが多いようでした」(前同)

 しかも、家事、育児には手を抜かないというから、傍から見れば、幸せな家庭。「旦那さんはモテるし、家庭を省みない。それゆえ離婚したくても、別れたら今の生活水準が下がるので、できない。だったら、夫が死んで保険金や遺産が入ればいいのにと、願っているんでしょう」(同)

 それなら、我が家は関係ない……と思ったアナタ! 奥様からこんな言葉をかけられていませんか!? 「“いてもいなくても一緒”、“アナタのことはあてにしてないから”と妻が言い出したら、“死ね”と思われているかもしれません」と言うのは、『夫に死んでほしい妻たち』(朝日新書)を上梓したジャーナリストの小林美希氏。

「夫から、そうした言葉が出てこないのは、結局、妻を頼っているから。着替えがしまってある場所や、洗濯の仕方が分からないなんていう男性も多いです」 専業主婦の妻に家庭を任せきりにしてきた団塊世代や、共働きでも“保育園のお迎えは妻がやるもの”と、残業し続ける30〜40代の男性は、“死んでほしい”と思われがちだという。

「仕事を調整したり、辞めたりと、家事や育児で犠牲を払うのは女性側。それを男性は当然だと思っている。そうした理不尽さが積もり積もって、“死ね”につながるんです」(前同)

 そんな妻たちは、夫が早死にするための嫌がらせを日々、実践しているという。「40代の妻は“定年くらいで死んでほしいから夫の健康管理は一切しない”と言っていました。“好きなだけ脂っこいものを食べさせて、タバコもバンバン吸わせている”そうです」(同)

 これが団塊妻になると、もっと恐ろしい。「夫が要介護になった時こそ復讐のチャンス。“施設に預けて1回もお見舞いに行かない”“寝たきりになったら、手が届きそうで届かないところに水を置いて苦しませたい”と言う人もいました。仕返しするまで死ねないと、健康づくりに励む人も多いです」(同)

 死後も油断は禁物だ。「“夫の遺骨を、山手線の車内に忘れたふりをして置いてくる”という話には驚きました」(同)

 最後に、前出の死神氏は世の旦那族にこう訴える。「アドレスの“danna-shine.com”を英語にすれば、“ダンナshine”。“ダンナ輝く”という意味も込めています。奥さんたちが苦労しているから、旦那さんが輝いていられるんです」

 まずは、日頃の感謝を奥様に伝えてみては!?

関連記事(外部サイト)