狙え7億! サマージャンボ「オススメ売り場」大公開

狙え7億! サマージャンボ「オススメ売り場」大公開

記事画像

 金持ちが栄えるこの社会、普通に働くのはもう限界。喜ばせたいぜウチの愛妻、当たりを引いて皆万々歳!

「夏の風物詩」はいろいろあれど、景気がいいのは、やっぱり花火。今年はひとつ、ド〜ンと大当たりを出したいものだ。宝くじアナリストの山口旦訓氏が語る。「現在発売中のサマージャンボの賞金額は、1等前後賞合わせて7億円。このチャンスを見過ごす手はありません」

 というわけで今回も山口氏に、花火のようにドッカーンと来そうな、「夏に強い売り場60」を厳選してもらった。詳細は記事最後の表を見てもらうとして、中でも注目の売り場8か所を、当地の花火大会と絡めてお届けしよう。

 まずは、権威ある「大曲花火大会」(8月26日)の地元にある「大曲駅前CC」(秋田県大仙市)から。この売り場、2006年サマーで2等1億円が出たこともあったが、6年前に現在の地に移転して以来、ジャンボの大当たりはお休み中。「ですが、最近になってミニロトで1等1333万6000円が出るなど、大当たりの予兆が出ています。それに加え、今年の大曲花火はちょうど70周年。今度こそドーンといきそうです!」(売り場責任者)

 花火大会は数あれど、大曲花火は花火職人が自らの手で打ち上げる競技大会でもある。だからこそ、内閣総理大臣賞が同大会では授与されるのだとか。この勢いに乗らない手はない?

 次は、東京の夏の名物「隅田川花火大会」(7月29日)がある隅田川畔までわずか数分の「浅草橋東口駅前売場」(東京都台東区)。この売り場、昨年のサマーでは1等前後賞7億円が出ている。また一昨年のドリームでも同じく1等前後賞7億円と、実績はともかく申し分ない。

 窓口は3つあり、それぞれの担当者は「秀じい」「せっちゃん」「ひでちゃん」の愛称で親しまれている。昨年のサマーの大当たりは、御年85歳の「秀じい」の窓口から出た。売り場責任者いわく、「今度も大当たりが出れば3年連続、サマーは2年連続ということになります。一昨年のドリームは“せっちゃん”のところから出たので、このサマーは順番から“ひでちゃん”の窓口から出る気がします……」(売り場責任者)

 どの窓口で出るかを予測する余裕まであるとは、さすが、数多い都内売り場の中でも「大当たりの名所」といわれるだけのことはある。

 一方で、日本3大花火大会の1つに数えられ、全国から100万人もの観光客が訪れるという「長岡花火大会」(8月2〜3日)の地元、「長岡イオンCC」(新潟県長岡市)の意気込みもスゴい。「新潟県の宝くじ誕生から70周年。長岡花火大会も70周年。70周年ダブルの節目の年なんです。3日のみ、長岡駅前に特設売り場も設けられます。そちらで購入していただくのもいいかもしれませんね」(売り場責任者)

 10年の年末の2等1億円以降、大当たりはご無沙汰だが、07年1等前後賞3億円、09年2等1億円と出ており、そもそもサマーに強い売り場。また、14年の年末にはジャンボミニの1等7000万円が出るなど、予兆も見られるだけに、関係者の鼻息が荒くなるのは無理もなかろう。

 一年を通して開催しているのが特徴の「熱海海上花火大会」(夏休み期間中は7回)の地元にあるのは「熱海マックスバリュCC」(静岡県熱海市)。決して大きくない売り場だが、14年のサマーでは見事、1等前後賞6億円を出した実績がある。それに、実は静岡県は他に比べて「サマージャンボ」に強く、13年以降、必ず1等を出し続けているというデータもあるのだ。

「この売り場、目の前に初瀬川が流れ、極楽浄土のある西を向いているので、お客様からは“縁起がいい店だ”と言われることもあるんです。今度も期待してください!」(売り場責任者)

 西に移動し、大阪へ。「裸の大将」として有名な画家・山下清が描いた花火の絵でも知られる「PL花火大会」(8月1日)。これが頭上に見られるのが「富田林CC」(大阪府富田林市)だ。

 この売り場、2年前にこの地に移転。売り場名も変わったが、前の売り場では04年から10年にかけ大当たりが4回、うち2回がサマー(04、05年。2等1億円)だった。「さらに秋には、再移転の予定も。そうなると、これが、ここで迎える最後の夏になるだけに、思い出に、今回こそドーンと打ち上げられそうな雰囲気です」(売り場担当者)

 さて、「宮島水中花火大会」(8月26日)は、船から海中に投げ込まれた水中花火が大音響とともに炸裂し、朱の大鳥居や厳島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせることで知られる。その地元にある「廿日市ゆめタウンCC」(広島県廿日市)は、2年前に開店したばかりなので、まだ大当たりこそ出ていないが、「昨年の年末のミニでは2等100万円が3本、プチ1等1000万円が出ており、これから大いに期待できる売り場ですよ!」(売り場担当者)

 ショッピングモールの一角にある売り場だが、花火大会の日は特別にこのモールの屋上が解放され、花火が堪能できるそうだ。というわけで、負けずにこのサマーで「億花火」を上げてほしいところ。

 お次は海を渡り四国へ。今、いろんな意味で話題の、愛媛県今治市の「今治おんまく花火大会」(8月6日)と、その地元の売り場「今治イオンCC」に注目したい。

 花火大会のほうは、打ち上げ数が中国・四国地方で最大級。なんと、市の人口より多い20万人以上が集まるのだ。しかも今年は、国体の開催や、市民祭りが20回目を迎えることから、打ち上げ数を5割増しにするとか。ちなみに、名前の「おんまく」は“いっぱい”“思いっきり”の意味だという。

 肝心の売り場のほうは、「今年のグリーンでは1等前後賞5億円が出ました。また05年のサマーでは1等前後賞3億円、08年年末では2等1億円が出ています。年末ミニでは13〜14年と連続で1等7000万円も出ており、正直、売り上げ規模からすれば驚異的な実績です」(売り場責任者)

 最後は九州。「わっしょい百万夏祭り花火大会」(8月6日)の地元、「小倉駅前CC」(福岡県北九州市)だ。北九州の3大夏祭りの1つだけに、例年の人出は150万人を上回るという。しかも、今年は30周年ということで、さらに盛り上がりそうだ。

 売り場のほうは、11年のグリーンで1等前後賞5億円、そして昨年の年末でミニ1等1億円が出た。「この年末ではプチ1等1000万円も2本出ました。今回は特別に、100枚連番のセット(3万円)も用意しています。また、お買い求めいただいた方には、本場・群馬の高崎から取り寄せた“開運だるま”を差し上げます」(売り場責任者)

 なお、サマージャンボ宝くじの発売は8月10日まで。抽選日は8月20日。今度こそ、ド〜ンと行こう!

■山ちゃんおすすめ「花火でドカーン!狙いの売り場 全国60」



関連記事(外部サイト)