渋滞回避に“絶対使える”4つの神アプリ

渋滞回避に“絶対使える”4つの神アプリ

記事画像

 夏には家族や友人と一緒に車で遠出をして、レジャーを楽しむという人も多いはず。しかしハイシーズンだけあって渋滞に巻き込まれることも多く、「こんなことなら出かけなければよかった」とイライラした経験がある人も多いだろう。そこで今回は渋滞を回避するのに役立つ、夏のお出かけにぴったりのアプリを紹介しよう。

カーナビアプリの定番『Yahoo!カーナビ』


『Yahoo!カーナビ』は、目的地までのルートを地図と音声で教えてくれるアプリ。主要幹線道路の渋滞情報も調べられるので、レジャーで遠出する際には心強い味方になるはず。また駐車場の空き状況をリアルタイムで調べる機能も備えているので、「目的地に到着したのに車を停める場所がない」という事態も避けられる。ちなみにハンドルに取りつけて使用する専用リモコン『ナビうま ハンドルリモコン』も販売中。ハンドルから手を離さずに地図を操作したり音声検索できるため、さらに運転が快適になるだろう。

リアルタイムで変化する状況に対応できる『渋滞ナビ』


『渋滞ナビ』は基本無料のカーナビアプリで、高速道路や一般道の渋滞情報を表示できる。ユーザーが渋滞や事故、工事などの情報を投稿する機能もあり、リアルタイムで交通状況を共有できるのが特徴だ。また有料のプレミアムサービスに登録すれば、渋滞情報をもとに最速ルートをナビしてくれる機能も使用可能に。変化する渋滞・規制情報に合わせて、より最適なルートを再提示してくれるので、「ナビでは渋滞なんて表示されてなかったのに」と失望せずに済む。

検問前の渋滞を回避できる『オービス&取締通知 -byいつもNAVI-』


 全国の自動速度違反取締装置(通称オービス)の設置場所を調べられるアプリ。また警察の公式発表に基づく取締り情報も表示してくれるため、飲酒検問などが原因で生じた渋滞を回避できる。無料でも便利なアプリだが、有料会員になると取締りが行われているエリアを地図に表示する機能も。またエリアに近づいたときには自動で通知してくれるので、うっかり混雑する道に入ってしまうことを避けられるはず。

予算の計算に役立つ『高速料金検索』


 車で遠出する場合には、電車と比べて予算を想定しにくいもの。しかし『高速料金検索』というアプリを使えば、各高速道路の料金を簡単に調べることができる。使い方は出発ICと到着ICを入力し、車種を選ぶだけ。通常料金からETC使用時の料金、深夜割引や休日割引まで表示されるので、どこまで行けばいくらかかるのかが、すぐ分かる。出発してからイライラしないように、前日までに便利なアプリを準備しておこう。

関連記事(外部サイト)