夏休みの海釣りに欠かせないiPhoneアプリ

夏休みの海釣りに欠かせないiPhoneアプリ

記事画像

 釣り人にとっての醍醐味といえば、大物が釣れたときのあの喜び。しかし自然を相手にしている分、急な天候の変化などによりせっかくの釣りを中止しないといけなくなることも多い。釣り人の中には天気や波の高さ、満潮、干潮の時間といった気象情報を、もっと手軽に確認したいと思う人も多いはず。そこで今回は、釣り人にとって必要な情報が簡単に確認できるオススメのiPhoneアプリを紹介していこう。


■釣り好きが作った釣り好きのためのアプリ「魚勝 潮見表」

 友人の釣りチームのために作られた『魚勝 潮見表』は、まさに釣り好きのためのアプリ。釣り人に欠かせない潮位の高さや満潮、干潮の時間を、場所や日づけを指定するだけで簡単に確認することができる。またアプリには“小潮”や“長潮”など潮位の高低差の変化を知らせる機能の他、天気予報や降水確率といった釣り人には欠かせない情報も。さらにこのアプリの最大の特徴として、電波状態が圏外の場所でも過去に1度アクセスした地域ならデータ確認を行うことができる。電波が不安定な自然の中でオフライン状態でも使用できるので、持っているだけでも損にはならないはず。


■海釣りには欠かせない「海釣図 〜GPSフィッシングマップ〜」

 スマートフォンアプリで初めて航海用電子参考図(new pec)を採用した『海釣図 〜GPSフィッシングマップ〜』は、最小1メートル単位の等深線が確認できる海図が搭載された本格的な海釣りサポートアプリ。マップ上には等深線の他にも、海釣りに欠かせない漁礁や暗礁、危険界線などの情報も表示されるため安心して海釣りができる。さらに釣果の良かった“爆釣ポイント”はマイポイントとして登録でき、他の釣り仲間と共有することもできる。また風速や風向、波高や海水温の実況・予測データなどもマップ上に表示され、釣行記録と合わせて事前に計画が立てられるのもうれしい。


■釣り人からサーファーも重宝する「SurfTide7」

 全国約340か所の潮汐を予測計算し、タイドグラフで表示してくれる『SurfTide7』。同アプリのタイドグラフは潮汐非調和定数によって予測されているため、ネット環境が無くても使用可能で、フリッカー表示にされた現在時刻から今後の潮の動きも一目瞭然だ。また日の出情報、日の入り情報も表示されるため、早朝から海に出る釣り人やサーファーにも便利なツールとなっている。さらに天気予報や気圧、波の高さから風向、風速、水温や湿度といった1週間分の気象予報情報を1時間ごとに確認できる機能も。通知機能もあるので、ウィジェットにお気に入りスポットを登録しておくことで、アプリを起動せずにタイドグラフの確認が行える。

 この夏、いつもとは違う釣り場に出かけるという人は、アプリの成果を試してみてほしい。

関連記事(外部サイト)