五輪に令和にロマンス…最新詐欺「悪辣手口」と「即効対策」

五輪に令和にロマンス…最新詐欺「悪辣手口」と「即効対策」

画像はイメージです

 警察庁データによれば、昨年の特殊詐欺被害総額は約364億円。約566億円だったピークの2014年度から4年連続で減ってはいるものの、この間の徹底した取り締りにもかかわらず依然、深刻な状況だ。

 それは、だます側も対策を考え、巧妙に進化しているからだ。そこで最新の詐欺手口と、その防衛術を識者に聞いてみた。まずは、今年に入ってから目立つ最新の手口を見てみよう。

 東京五輪に便乗した〈オリンピック詐欺〉について解説するのは、『だまされた!「だましのプロ」の心理戦術を見抜く本』(方丈社)の著書もあるルポライターの多田文明氏。

「あらかじめ『オリンピック優先入場券?購入申込み書(SS席が1枚12万円の記載)』なるものを郵送しておき、旅行代理店を装って電話して、それを3倍で買うと申し出る。ただし、いったん代理で購入するので資金を出してほしい、と依頼し、12万円を受け取り、そのままドロンしてしまうんです」

 同じ手口で、記念硬貨や、開会式特別シートの予約権の名目で振り込ませるケースもある。

「〈令和詐欺〉といって、新元号に便乗し、“今のキャッシュカードは使えなくなる”とカード会社を名乗って電話をかけ、“新しいものに交換する”と言って訪問し、だまし取る手口もあります。この場合も、先に『全国銀行協会』名でハガキを送っていました」

 こう語るのは、経済事件に詳しいフリーライターの松原雄二氏。また、ソーシャル?ネットワーキング?サービス(SNS)上で接触して来る〈国際ロマンス詐欺〉の被害者は、英語のできる独身者が多い。

「間違ったふりしてメールし、返事を返すと、それを契機に独身を装ってやりとりし、気を引く。そして“日本に行って、あなたに会いたい。少し援助をしてほしい”などと送金させる。仕掛けの中心はナイジェリア人。慣れない英語なので詐欺と気づきにくい。向こうの最大のメリットは、国際送金なので足がつきにくいこと」(松原氏)

 大きく分けると、詐欺の種類はオレオレ詐欺に代表される【1】〈振り込め詐欺〉、楽してお金が儲かる、などと投資を勧める【2】〈投資詐欺〉、【3】〈インターネット詐欺〉に大別される。

 前出の〈令和詐欺〉は【1】、〈オリンピック詐欺〉は【2】、〈国際ロマンス詐欺〉は【3】に該当する。以下、その分野ごとに近年被害の多い手口と、その防御法を紹介する。

■【1】〈振り込め詐欺〉の対処法

 俳優の斎藤洋介は今年3月、次男をかたったオレオレ詐欺で100万円払ったことを、女性週刊誌で告白している。昨年末、斎藤の妻の携帯に、まさに「オレだけど」の電話が。しかも「未成年者を妊娠させた」と言われ、妻が都内の公園に現れた弁護士事務所員を名乗る者に“慰謝料”として渡したという。67歳の現役俳優が、なぜ、だまされたのか?

「その理由の一つは電話の声。直に聞く本人の声とは違って聞こえます。耳の遠い高齢者ならなおさらです。実際、あるネット番組で私が指導し、2人の芸人さんの親にやってみたところ、2人とも引っかかりました」(前出の多田氏)

 詐欺犯罪に詳しいジャーナリストの堀川嘉照氏は、こうアドバイスする。

「高齢の親は、子どもや孫との間で、いざというときに備えて“犬といえば猫”などの符丁を決めておく。自宅の固定電話は留守電にしておいて出ないこと。本当に用がある人はメッセージを入れます」

関連記事(外部サイト)