下手すると死ぬ!? 間違いだらけの「水分補給」

下手すると死ぬ!? 間違いだらけの「水分補給」

画像はイメージです

 夏本番を前に気をつけたいのが、水分不足による熱中症や血栓。この時期は、知らないうちに脱水状態になることも多いという。

「起床時の水分補給は大事。就寝時は汗で意外と多くの水分が排出され、脱水状態になっています。入浴前後も、水分補給が必要です」

 こう語るのは元グラドルで、現在はタレントとしても活躍する女医の木村好珠氏。また、食事の際の水分補給にも、健康効果を高めるコツがあるという。

「水分は食事前に。食事中だと胃酸が薄まり、消化によくありません。食事30分前くらいに水分を取ると、胃のぜん動運動にも働きかけるので、ダイエット効果もあります」(前同)

 夏場はペットボトルの水を携帯する人も多いだろうが、水の種類によっても、体への影響は変わるという。

「硬水のほうがミネラルなどの栄養素が多く含まれているから、水分補給には適しています。ただし、日本では軟水が主流なので、胃腸に負担をかけやすい。特に胃腸が弱い人は、軟水を飲み、塩分ミネラルは別で取ることをオススメします。飲む際は、一気に多量ではなく、“こまめに少量”を心がけましょう」(同)

 とはいえ、水だけでは飽きるし、味気ない……。

「嗜好飲料を体に悪くない順に挙げると、紅茶、アイスコーヒー、お茶、フルーツジュース、サイダー・コーラ類です。すべてあまり良くないんですが、特に、玉露やコーヒーはカフェイン量が多く利尿作用があるので、選ぶなら紅茶か玄米茶を。フルーツジュースは栄養分はあるので夏バテで食欲がないときに飲むのはアリ。しかし、サイダー類同様に糖分が高く、脱水を引き起こす可能性があるので、同時に水を摂取しましょう。コーラはカフェインも含まれているので、特によろしくありません」(同)

 現在発売中の『週刊大衆』7月15日号では続けて「正しい水分補給」について特集。身近なお茶を飲むコツについて詳しく説明している。

関連記事(外部サイト)