タモリ、たけし、さんま…著名人「行きつけの激ウマ名店」ガイド

タモリ、たけし、さんま…著名人「行きつけの激ウマ名店」ガイド

画像はイメージです

 各界の著名人たちが愛した、いきつけ店の極ウマグルメ。最初に紹介するのは、タモリ(74)、ビートたけし(72)、明石家さんま(64)の「お笑いBIG3」だ。

 まずは芸能界きっての食通で、その料理の腕もプロ並み。“本当にウマい一品を知る男”とも称されるタモリの行きつけとして有名なのは、東京・高輪の蕎麦店『手打ちそば夢呆』だ。

「『笑っていいとも!』の放送後に、スタッフや曜日レギュラーのタレントを連れてよくやって来たのが、この店。素材の味を生かしたシンプルな仕事が、タモリ好みのようですね。14年3月放送の『めちゃイケ』の特番で、ナインティナインの2人と訪れて、“生ビールに一番合う”“衣のつけ具合が抜群”と同店の由比産さくら海老のかき揚げを絶賛していました」(テレビ誌記者)

 たけしは、下積み時代を過ごした浅草に、今も通う行きつけの店がたくさん。

「珍しい鯨料理と牛煮込みが名物の『捕鯨船』は、売れない時代からの行きつけで、今も定期的に訪れては、若手芸人に食わせてやってと数万円をポンと置いていくといいます。他にも、もんじゃ焼きと関西風お好み焼きの『つくし』、喫茶店『ブロンディ』も有名。『ブロンディ』では毎朝、250円のモーニングセットを食べていたとか」(浅草お笑い関係者)

 さんまは、東京での番組打ち上げには、高級焼肉店『游玄亭 西麻布本館』を利用することで知られるが、大阪では鶴橋の大衆焼肉店『大吉』がお気に入り。

「自家製の参鶏湯と、創業以来受け継がれてきた秘伝の特製生ダレが肉の味を引き立てると、広く日本中からお客さんが来るそうです。さんまの来店時の写真が目印になっています」(グルメライター)

 日本映画界の大スター、高倉健が愛したラーメン店『石川屋』があるのは、静岡県熱海市。

「昔ながらの醤油ラーメンとオムライスが人気の老舗。健さんは、亡くなる10年ほど前までよく通っており、先代のマスターが亡くなられてからも、命日には必ず健さんから花が送られてきたといいます。今も店には、健さんと、店の皆さんで撮った写真が飾られていますよ」(映画関係者)伊豆にあったという別荘で過ごす際の楽しみの一つだったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)