節約&時短、料理の基礎も!ゼロから始める男のクッキング

節約&時短、料理の基礎も!ゼロから始める男のクッキング

画像はイメージです

 昨今、「料理男子」という言葉をよく聞く。週末には家族のために手の込んだ料理を作る男性も多い。しかし、料理をしない男にとっては、いざキッチンに立つのはなかなか難しいもの。料理に対する苦手意識をなくして、お手製料理を仲間にふるまおう!

 料理の中でも食材を切るのは手間のかかる作業だ。「今や調理器具は100円ショップでもそろう時代です。料理の手間を省く便利グッズもいろいろ並んでいます」(フードコーディネーター)

 まず包丁を握ったことがないという人には、「ジャガイモやゴボウなどの皮むきには皮むきスポンジがオススメです。刃物よりもラクにむけるし、生ゴミを少なくできます」(前同)

 食材をカットする際も、「キャベツの千切りはピーラーでできますね。ニンジンや大根などを千切りにするなら千切りスライサーを使えば簡単です。ものによっては、千切りの他にもスライスや、すりおろしができるものもあります」(50代主婦)

 中でも、意外にも便利なのが白髪ねぎカッターだ。「白髪ねぎを簡単に作れるのはもちろんですが、ネギ以外の食材にもカッターで縦に切れ目を入れることで、みじん切りが簡単にできます。大根やこんにゃくを煮るときに、味が染みるように入れる“隠し包丁”にも使っています」(前同)

 みじん切りを、もっと簡単にする器具もある。「300円商品ですが、ハンドル野菜カッターがあります。ざく切りにした野菜を入れて紐を引くと刃が回り、みじん切りしてくれます。タマネギも涙なしで切れるので重宝しますよ」(100円ショップ店員)

 切る以外に便利な調理器具は、何があるのか?「レンジ調理できる蒸し器のような商品も人気です。中でも電子レンジでパスタが作れるレンジパスタ容器は、特に人気ですね。また、油の温度などを調べるデジタルキッチン温度計やキッチンタイマーも、よく売れています」(前同)

 男の料理は食材など、こだわりが強くなりがち。しかし、食材選び一つで材料費を抑えて、おいしいものを作ることができる。

「旬のものは味がよく、栄養価も高いのでオススメです。せっかく四季のある日本に住んでいるんですから、レシピ選びも旬を意識して選ぶと、季節が感じられて目にもおいしく、家族にも喜ばれます」(料理研究家の新井陽子氏)

 旬の食材は出荷が多いため、比較的値段が安い。一年中、並んでいるような野菜でも、旬の時期には値段が下がっているので使っていきたい。

「今の時期は魚だとブリ、野菜だと大根や白菜などがおいしいですね。これらでブリしゃぶ鍋なんてのもいいですし、照り焼きや大根と煮て、ブリのあら煮なんてのもサイコーですね」(料理ブロガー)

 近年は気候不順で価格が高騰する食材も多いが、そういう場合はどうするか。「切り干し大根やひじきなどの乾物は一年中、値段が安定しています。水で戻すと量が増えるところも経済的です。常温で長期間保存もでき、栄養価も高いのでうまく組み合わせて使っていくのをオススメします」(前出の新井氏)

関連記事(外部サイト)