泥棒歴50年の「昭和〜令和の石川五右衛門」がしょうもないミスで逮捕。何をしてしまった?<ダブルブッキング川元文太の『ほぼ毎日ブラック大喜利』>

泥棒歴50年の「昭和〜令和の石川五右衛門」がしょうもないミスで逮捕。何をしてしまった?<ダブルブッキング川元文太の『ほぼ毎日ブラック大喜利』>

日刊大衆

 政治、経済、スポーツ、芸能……日々、新たなニュースが飛び交う現代社会。ダウンタウンの松本人志が大会チェアマンを務める『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)にも出場し、トップお笑い芸人からもその大喜利力が一目置かれる男、『ダブルブッキング』の川元文太。いとうせいこうも認める希代のネガティブ芸人が今、最も気になるニュースをブラック大喜利でブッタ斬る!!

■本日のお題

 

 1月22日、ホスト宅に忍び込んで盗みを働いた20代の女性2人が窃盗の容疑で逮捕された。2人は友人同士でホスト宅での盗みを繰り返していたといい、捜査関係者から「令和のキャッツアイ」と呼ばれていた。

 一方、泥棒稼業50年、これまで一度も捕まったことのない「昭和〜令和の石川五右衛門」(70歳)も逮捕されたとか。かなりしょうもないミスだったというが、何をしてしまった?

 

関連記事(外部サイト)