コロナウイルスから身を守る!「食べてはいけない」食事

【新型コロナ】間違った食事に免疫力低下の危険性 買占め標的になった加工食品に指摘

記事まとめ

  • WHOは新型コロナについて、バランスの取れた食事の重要性を資料で公表した
  • 新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は、加工食品の食べすぎは免疫力を下げると語る
  • 保存食のパスタは、漢方の考えでは太りやすい体質になるため、ほどほどがよいようだ

コロナウイルスから身を守る!「食べてはいけない」食事

コロナウイルスから身を守る!「食べてはいけない」食事

画像はイメージです

 外出自粛が求められる中、我々の食生活も不自由さを増している。だが、その「食」こそが、ウイルスをはね返す大きな力の一つ。間違った食事をしていては、肝心の免疫力を低下させる危険性があるのだ。

 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染症に対して、栄養面からの予防戦略をまとめた資料を公表している。

「この中では、感染症のリスクを下げるため、ビタミンやミネラル、食物繊維、たんぱく質など、バランスの取れた食事の重要性が解説されていて、とても参考になります。裏を返せば、バランスの取れていない食事こそ、NGだということですね」(医療ライター)

 予防医学の第一人者である、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は、「食事面で、新型コロナ感染リスクを低める特別な方法はありません」と前置きしつつ、免疫力を下げる食事として、加工食品を例に挙げて言う。

「レトルトやインスタントばかりを食べていてはダメ。カップ麺などは塩分過多のため、血圧を上げ、生活習慣病のリスクを高めます」レトルトやインスタントといった加工食品は“買い占め”のターゲットにもなった食材。しかし、食べ過ぎは良くないのだ。

 ここで、薬剤師の平地治美氏がこうつけ加える。「インスタント食品などは保存食としては便利ですが、食品添加物や酸化成分も多い。これに対し、乾燥ひじき、わかめ、のり、切り干し大根、さくらえび、高野豆腐などは保存が効き、しかも未加工。同じ保存食でも、こういった健康的なものを、なぜ選ばないんでしょう?」(平地氏)

 保存食といえば、パスタや冷凍ピザなどを買い置きしている人もいるだろう。ただ、こちらも、ほどほどが良いようだ。「パスタやピザは小麦が原料ですが、漢方の考えでは、小麦は血糖値を急激に上げる食材で、太りやすい体質にするとされています。食べても週2回が限度で、特に、メタボの方は要注意です」(前同)

 同様に、パンやラーメンも良くないという。「毎朝、パン食という人が食べる回数を減らしたところ、体調が良くなったとの報告を聞いたこともあります」(同)

 ちなみに、先のWHOの資料では、砂糖の多い缶コーヒー、お菓子なども控えるように記載されている。「砂糖は中性脂肪が上がりやすく、動脈硬化につながる。また塩分同様、血糖値を上げ、糖尿病など生活習慣病の原因にもなります」(岡田氏)

 同じく、WHOの資料によると、脂肪分を取り過ぎないため、「赤身の肉ではなく、低脂肪の白身の肉や魚を選べ」ともアドバイスしている。この“白身の肉”とは何なのか?

「鶏肉です。牛豚鶏の3つを比べたら、牛豚は明らかに動物性脂肪が多い。動脈硬化症を加速するので食べすぎないことです」(前同)牛・豚・鶏肉で、そんなに差があるとは驚きだ。

関連記事(外部サイト)