夏バテ&コロナ撃退!日本全国「奇跡の絶品郷土メシ」

夏バテ&コロナ撃退!日本全国「奇跡の絶品郷土メシ」

画像はイメージです

 どうやら今年も猛暑となることが確実のよう。しかも、新型コロナウイルスの脅威も、依然、残されたままだ。

 疾病を払うといわれる妖怪アマビエのご利益にあやかりたいところだが、ここは、しっかりと精のつくものを食べ、コロナや猛暑を吹き飛ばしたいところ。だが、何を食べればいいのか?

「実は、全国各地に根づいた“郷土メシ”の多くは、元気とパワーの源となる食材、栄養素がたくさん含まれているものが多いんです」と話すのは管理栄養士のshocuicuco氏。

 たとえば、栃木県の『宇都宮餃子』である。

「餃子はさまざまな栄養素をバランスよく一度にとれることもあり“完全食”といわれています。特に宇都宮餃子は、一般的な餃子と比べて野菜が多く、さっぱりとヘルシー。これがお目当てで宇都宮を訪れる観光客も多く、脂っこくなく胃への負担も軽いため、一人で2〜3皿を平らげてしまう人もいるほどです」(フードコーディネーター)

 とにかく、これが夏バテ予防に有効な栄養素ばかりなのだという。

「暑いからといって冷たいジュースやアイスばかりを食べていると、消化機能が低下して食欲がなくなってしまいます。結果、自律神経のバランスが乱れ、夏バテが起きやすい体になってしまいます。食べるべきは、胃腸の働きを向上させ、体を温める作用のあるもの。体温が上がれば免疫機能も向上し、健康な体作りができます。宇都宮餃子に欠かせないショウガに含まれるショウガオールや、ニンニク、ニラなどのアリシンは高い効果が期待できます」(管理栄養士の大山加奈惠氏)

 前出のshocuicuco氏が「ホタテを入れると、さらに宇都宮餃子の栄養価がパワーアップしますよ」と、ちょい足しレシピを提案してくれた。

「入れるホタテは缶詰で十分です。ストレスが多いと亜鉛の消費量が増すので、牡蠣に次ぐ亜鉛含有量で知られているホタテを食べることで、心身の疲労回復が期待できます。また、ホタテは心臓からの血流量を増やすタウリンも豊富なので、精力アップも期待できます」というから、今夜にでも試したいところだ。

関連記事(外部サイト)