ソロキャンパー芸人・ヒロシが教える「初めてのソロキャンプ」

ソロキャンパー芸人・ヒロシが教える「初めてのソロキャンプ」

ヒロシ

 一人でキャンプへ。このストレス社会における究極のレジャーだろう。ソロキャンパー芸人として、再ブレイクを果たしたヒロシ氏が、初心者のための基本的なノウハウを、分かりやすくレクチャー!

「今、キャンプは細分化されています。その中で、僕が注目してもらっているのは、芸能界で早くからソロキャンプを始めたからでしょう」こう分析するヒロシ氏。

 確かにテレビで見かける芸能人のキャンプは、男女グループで賑やかに楽しむスタイルが多い。だが、そんなキャンプをやりたい人ばかりとは限らないのだ。

 自虐ネタ芸人としてブレイクしていた時期に比べ、テレビにあまり出なくなった彼は、5年ほど前からユーチューブでソロキャンプ動画の配信を始めた。今では、それが世代を問わず多くの人に視聴され、共感を呼んでいるのだ。

 “ソロキャンプ”とは、たった一人でキャンプをすることだ。行きも帰りも、食事も寝るときも一人。そこに価値があるのだ。

「僕は48歳なんですが、50歳を過ぎてからも人間関係の中で窮屈に暮らしている人は多いんじゃないかと思います。人に気を遣ったり、誰かに合わせるのは職場で十分じゃないですか。自分の時間ぐらいは、やりたいように過ごしたい。ソロキャンプでは、それができるのが大きな魅力ですね」

 また、人と接しないということは、3密を避けることもできる。今の時代にも適したレジャーなのだ。

 ところで、キャンプに行って、ヒロシ氏は何をしているのだろうか?

「決まった流れなんてないんです。気分次第でやりたいことをやる。やりたくないことはやらない。それこそが最高のぜいたくです」

 国内外で多数のソロキャンプ経験があり、信州登山案内人でもある山岳写真家の杉村航氏は、写真はもちろん、渓流釣りもエキスパートの本格派だが、ヒロシ氏の意見に深くうなずく。

「ヒロシさんの考え方に賛成です。キャンプに行ってできることはいろいろありますが、別に何もせずに、一人の時間に浸るだけでもいいと思います」

 つまり、ソロキャンプはすべてが自由であり、自分次第なのだ。したがって、別に泊まる必要もない。日帰りのプランだってOKだし、天候がいま一つで家に帰りたいと思ったら帰宅してもいい。ただし、消火など、キャンプの撤収作業には、時間がかかる点には注意だ。

「なんだかんだ、荷物をコンパクトにしても、1時間はかかります」(ヒロシ氏)

関連記事(外部サイト)