食事券&オンライン予約でメチャ得「Go Toイート」を使い倒そう!

食事券&オンライン予約でメチャ得「Go Toイート」を使い倒そう!

画像はイメージです

「Go To トラベル」に続いて、外食を勧める「Go Toイート」キャンペーンが開始される(9月中に開始予定)。政府が食事代を肩代わりしてくれるのなら、利用しない手はない。というわけで、お得で安全にキャンペーンを楽しむ方法を調査してみた。

「キャンペーンに参加するには2つの方法があります。分かりやすいのが、購入金額の25%が上乗せされた“プレミアム付食事券”を、お住まいの地域のスーパーや銀行などの窓口で購入する方法です。食事券は、キャンペーンに登録された飲食店で使用することができます」(農水省スタッフ)

 食事券の購入上限は2万円で、何度でも購入可能。2万円の食事券で、2万5000円分、飲み食いができる仕組みだ。

「もう1つが、インターネットの予約サイトで対象のお店を予約する方法で、ランチなら500円、ディナーなら1000円分のポイント還元が受けられます」(前同)

 要は、『食べログ』や『ぐるなび』などを利用して店を予約するだけ。初回の飲食は全額自腹だが、ポイントが付与され、2度目からポイントが利用できる。

「2度目の飲食もネットで予約すれば、さらにポイントがもらえ、会計時には貯まったポイントも使用できるんです」(グルメ誌記者)

 ただし、持ち帰り専門店や、キャバクラなどの“接待を伴う飲食店”は対象外なので、注意が必要だ。

「4人分の夕食を予約した場合は、1人1000円、計4000円分のポイントが貯まります。最大10人までの予約が可能で、その場合、1万円相当のポイントがゲットできます」(前同)

 地域やサイトによっては、キャンペーンに加え、独自のクーポンを配布していることも。

「予約サイトの特典も駆使すれば、食事代がチャラになり、さらに1000円分のポイントをゲット、なんてことも可能です」(同)

 しかし、気になるのは新型コロナ感染症だろう。キャンペーンを主導する農水省は、消毒液の設置、徹底した換気、間隔をあけて座席を配置することなどを店舗側に求めているが、感染リスクは残る。

 この続きは現在発売中の『週刊大衆』10月12日号で。

関連記事(外部サイト)

×