山口達也は他人事じゃない!?危険度がわかる「アルコール依存症」簡単チェック

山口達也は他人事じゃない!?危険度がわかる「アルコール依存症」簡単チェック

山口達也

 9月22日、酒気帯び運転の容疑で、人気グループ『TOKIO』の元メンバー・山口達也容疑者(48)が逮捕された。テレビでも大きく報じられたため、ご存じの人も多いことだろう。

「彼は自宅で酒を飲み、少し寝た後、バイクで親類宅へ向かったようです。その直後、信号待ちの車に追突。結果、基準値の5倍近いアルコールが検出されたんです」(スポーツ紙記者)

 18年にも飲酒が原因で問題を起こしていただけに、世間からは「アルコール依存症なのでは?」といった声も多数、見受けられた。

 全国有数のアルコール依存症治療施設として知られる国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の真栄里仁・教育情報部長(精神科医)は、あくまで一般論と断りながらも、「罰則が厳しくなった現状でも、日中に飲酒運転をしてしまう場合、アルコール依存症などの問題飲酒の可能性が高いと思います」という。その理由について、アルコール依存症患者の自助グループ「全日本断酒連盟」(東京都千代田区)の大槻元・事務局長は、こう解説する。

「アルコール依存症の方の飲酒運転は、その行為自体が悪いと分かっていても、アルコールを絶てず、しかたなく運転してしまうというパターンが多いんです」

 今回の山口容疑者の一件で、お酒とのつきあい方を考え直したという読者もいるのでは?

「実は、厚労省によると、アルコール依存症の患者数は約80万人にも上り、その予備軍も含めると約440万人と推測されているんです。つまり、山口容疑者のケースは他人事ではない。思わぬトラブル、事故で破滅しないために、まずは自分の飲酒習慣を知ることから始めるべきですね」(医療ジャーナリスト)

 下に掲載したチェックシートは、世界保健機関(WHO)が中心になり、各国の共同研究によって作成された最もメジャーで精度も高い「AUDIT」といわれるテストを参考に、『週刊大衆』で作成したものだ。

関連記事(外部サイト)