急増する不正送金&詐欺!読者も被害に…「自分を守る心得」を知れ!

急増する不正送金&詐欺!読者も被害に…「自分を守る心得」を知れ!

画像はイメージです

 9月下旬、『週刊大衆』編集部に読者から、こんな悲痛な声が届けられた。

「自治体職員を名乗る男に“コロナの給付金を振り込むために、口座の情報が必要”と言われたんです。給付金の知識もなく、つい教えてしまって……。結局、口座から約100万円が抜き取られていたんです」

 善良な市民の“虎の子”をかすめ取る悪辣な詐欺。この給付金詐欺以外にも、最近ではマスク購入を持ちかけるパターンや、今年が該当する5年に一度の国勢調査を装ったものなどにより、中高年の被害者が続出している。

『だまされた!「だましのプロ」の心理戦術を見抜く本』(方丈社)などの著書もある、詐欺・悪徳商法に詳しいジャーナリストの多田文明氏が解説する。

「息子を名乗って電話して来て、“コロナに感染した”“コロナ禍で会社をクビになった”などと言って、金を要求するオレオレ詐欺も見受けられます。国勢調査は調査員を名乗って自宅訪問するには、またとない口実なんです。訪問して預貯金額、家族構成、マイナンバーなどの個人情報を聞き出すわけです」

 その他にも、「あなたのマイナンバー情報が漏れているため、このままでは銀行口座を開設して悪用されてしまいます」というメールで恐怖心を与え、個人情報の削除費用代金として、電子マネー購入を指示されたケースもあるという。

 年老いた親や女房、何より自分自身は大丈夫だろうか……。そんな不安に駆られる人も、多いのでは? だが、ご安心あれ。以下、読者諸兄が今すぐできる、「大事なサイフを守る7つの心得」を伝授しよう。

(1)けっしてドアを開けない。「電気・ガスの点検員を名乗り、身分証らしきものを示しても、事前アポがないなら帰ってもらう。“すぐ出かけないといけないので”というのもいいでしょう。開ける場合も、チェーンをかけることを徹底しましょう」(多田氏=以下同)

(2)固定電話には出ない。詐欺師は高齢者、資産家などの電話番号つき名簿を見て、事前に電話をかけて在宅確認するケースが多い。「ふだんから留守電にして、身内だと確かめた場合しか出ないのも手です」

(3)キャッシュカードを渡さない(暗証番号を教えない)。「不正送金事件などが起きると、警官を名乗る詐欺師が、“危ないからカードを止めましょう”と言い、持って行ってしまうケースが必ず発生します。暗証番号を聞く警官も銀行員もいません。100%ニセ者です」

(4)知らない相手からのURLをタップしない。マスク不足の頃だと、「マスクを無料送付します」などとSNSを悪用しメッセージを送る者もいた。「今、メールで送られて来るうまい話は6割以上詐欺関係でしょう。これらはフィッシング詐欺といい、タップすることで個人情報やパスワードを盗むんです」

 最近、『ドコモ口座』などの電子決済サービスを通じ、銀行預貯金を不正に引き出されていた事件が報じられた。これも、元をたどれば同様の手口で個人情報を盗まれた可能性が指摘されている。デジタルの世界では、個人情報は他言無用が基本だ。

 この続きは現在発売中の『週刊大衆』10月19日号で。

関連記事(外部サイト)

×