年末ジャンボ宝くじはここで買え!「干支の丑」ゆかりの売り場で一攫千金!

年末ジャンボ宝くじはここで買え!「干支の丑」ゆかりの売り場で一攫千金!

画像はイメージです

 11月24日から発売中の、『年末ジャンボ宝くじ』。「1等・前後賞合わせて10億円は、ジャンボの中でも最大の賞金額。今年最後の運だめしに、まさにもってこいですよ」こう魅力を語るのは、『週刊大衆』でもおなじみの宝くじアナリスト・山口旦訓氏だ。

「ただし、ただ漫然と買っても当たるものではありません。そこで今回は来年の干支の丑にちなみ、牛にゆかりのある売り場を厳選してみました。粘り強く着実に歩き、そして力が強いことから、牛は運気を呼び込む動物として知られていますからね」(前同)

 中でも特に注目の売り場8か所を取り上げよう。まずは、牛乳の生産量で50%以上のシェアを誇る北海道。ここで注目は北斗市の上磯イオンCCだ。

 道南で人気の売り場で、2016年ドリームでは1等前後賞7億円、17年はロト6で3億6600万円、そして翌18年の年末プチで1等1000万円を出している実力派だ。

「直近ではドリーム、サマー、ハロウィンと3連続で3等100万円が出ているので、大当たりの予兆が。来年還暦を迎える販売員の吉村さんは丑年生まれ。彼女は売り場のすぐ隣で作ってる有名ブランド『函館牛乳』を飲んでいるといいますから、その牛パワーで大いに期待できると思います!」(売り場責任者)

 お次は、福島県会津若松市の会津アピオCC。この売り場、「億当たり」の実績は08年年末の1等前後賞3億円だけだが、13年はロト6で9800万円、15年はドリームミニ等で7000万円が出ている。また16年10月には、一般くじで1等1000万円も。

 そこにもってきて、この売り場の隣町には、「柳津の虚空蔵さま」と呼ばれる圓蔵寺があるのだ。福島県といえば赤い牛の張り子人形「赤べこ」が有名だが、この由来になった、霊験あらたかな古刹である。

「寺の建立が難工事になった際、赤牛が現れ、その活躍で完成したとか。赤牛は幸せを呼ぶといわれています。それに私、丑年生まれです!」(売り場責任者)

 ちなみに、この売り場、1997年の開店。来年は24周年で「年男ならぬ年お店」なのだ。こりゃあ、期待するしかないでしょう。

関連記事(外部サイト)