明智光秀の健康の秘訣はサウナ!? 戦国武将に学ぶ健康術

明智光秀の健康の秘訣はサウナ!? 戦国武将に学ぶ健康術

画像はイメージです

 年末年始といえば、時代劇特番。しかし、コロナ禍でテレビの前に座る機会が増えそうな現在、正月太りや運動不足も気になるところ。コロナとのサバイバル戦争を勝ち抜くためにも、歴戦の勇士である時代劇の主役、戦国武将たちの「健康術」を紹介しよう。

 まず注目したのが織田信長。いよいよクライマックスである「本能寺の変」を迎える、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』のメインキャストの一人でもある。

『戦国武将の健康術』などの著者で知られる医学ジャーナリストで、愛知医科大学の客員教授も務める医学博士の植田美津恵氏が言う。

「信長は本能寺で討たれなければ、かなり長生きしたかもしれません。愛用していた甲冑などから身長と体重が分かっていて、生活習慣病の大敵である肥満度を測るBMI指数は22。これは最も病気になりにくい、理想的な体型です。『ライザップ』のCMに出演できるくらい、凛々しい体形の持ち主だったのではないでしょうか」

 そんな信長の健康の秘密は水泳。全身運動の水泳は、数あるスポーツの中でもカロリー消費が高い。

「信長の一代記である『信長公記』に“三月より九月までは川に入り、水練(水泳)の御達者なり”とあります」(博物館学芸員)

 戦国時代の冬なら無理だが、現代では温水プールがある。さっそく、明日から真似できる健康術だろう。

 一方で、戦国武将を語るうえで欠かせないのが乗馬。足腰を鍛えるには、うってつけのスポーツだ。

「『信長公記』によると、“御爆竹”というイベントで、楽しみながら体を鍛えていました。側近の者らを南北の陣に分け、爆竹を鳴らし、はやし立てながら馬に乗って戦う、ある種の訓練で、信長自ら参加していたといいます」(歴史小説家)

 戦国時代の庶民の平均寿命が30〜40歳とされる一方、戦国武将は、それよりはるかに長い52.9歳というデータもある。

 歴史学者の渡邊大門氏も、「戦国武将は戦いに備えて、剣術、弓矢、馬術、鷹狩りなどの武芸の鍛錬を欠かしませんでした」と解説する。こうした日頃の鍛錬が、寿命に大きく関わったのだろう。乗馬は真似できなくとも、「歩いて足腰を動かすことで、健康的な体を維持することができます」(前出の植田氏)というから、2021年の目標を立てるときの参考にしたい。

関連記事(外部サイト)

×