コロナ禍での家計の強い味方!「今年値下げされる商品」マル得リスト

コロナ禍での家計の強い味方!「今年値下げされる商品」マル得リスト

画像はイメージです

 コロナ禍に喘ぐ日本。国民は感染の恐怖と同時に、家計の収入減にも直面している。

「飲食店の苦境は言わずもがな。企業でも契約社員の首切りや、残業代カットが横行しています。都内のリサーチ会社が今年に入って実施したネット調査では、約半数の人が収入が減ったと回答しています」(生活情報誌記者)

 さらに、追い打ちをかけるように、ガソリン価格が値上がりしそうだという。

「クリーンエネルギーへの転換を掲げるアメリカのバイデン新大統領は、環境保全のため、国内でのシェールオイル、ガスの採掘を中止する方針です。こうなると一転、アメリカが原油輸入国となるため、原油価格が上昇していくでしょう」(全国紙外信部記者)

 実際、ガソリン価格は昨年末から上昇を続けている。

「ガソリン価格が上がると、燃料費や輸送コストが高くなるため、さまざまな商品やサービスにも影響がでます」(前出の情報誌記者)

 しかし、そんな中でも、“家計の応援”を掲げ、値下げを敢行する商品やサービスがある。

「すでに大手スーパーの『西友』が、日用品の価格を改定しています。レトルトカレーは、108円から98円に、1割近く値引きされました」(前同)

 同じく、日用品や家具を扱う『無印良品』も、肌着や食器などを値下げした。コロナ対策に必須の消毒ジェルも今年1月に、990円から790円(税込)に値下げされたばかりだ。

 若い世代に人気のアパレルショップ『GU』も、今年の春・夏向けの服を値下げすると発表。

「若年層向けのお店ですが、中高年男性がふだん着にできる、ゆったりしたズボン(シェフパンツ)なども、2000円を切る価格帯で販売されています」(同)

 お得情報の続きは、現在発売中の『週刊大衆』2月15日号で。

関連記事(外部サイト)